Zoho ブログ

Zoho CRM事例:顧客対応スピードが向上&売上が増加(家庭教師派遣会社)

今回ご紹介するのは、家庭教師の事業を行うDennis Freeman氏の事例です。Freeman氏は、Zoho CRMを家庭教師と生徒のマッチングに活用し、売上の増加につなげています。
■一人の時はデスクトップにインストールするソフトウェアで十分
Freeman氏の事業においては、家庭教師が必要な子供とその子供の近隣の家庭教師をマッチングさせることが最も重要でした。また、ここに一番コストがかかっていました。
マッチングを行うため、地区毎にデータを検索できるような巨大なデータベースが必要で、事業を始めた2002年頃から「Act」というソフトウェアを顧客管理に利用していました。このソフトを選んだのは、Freeman氏が前の仕事で利用したことがあり、慣れていたからでした。
導入後、事業をFreeman氏一人で行っている間はActでうまくいきました。しかし、社員を雇って仕事を進めるようになると、問題が発生しました。
■複数のパソコンのデータを毎日同期させるもやがて限界に…
Freeman氏は次のように述べています。
「データベースを同期させる方法は、当時は魔法のように見えていましたが、今思うととても非効率ですね。一人一人が自分のデスクトップPCにActをインストールしており、毎朝仕事を開始する前に同期させ、夜には仕事を止める必要がありました。2回に1回はうまく動かず、もう一度同期し直す必要がありました。」
これは、複数のメンバーで分散して仕事を進める必要があったためでした。複数のメンバーでも効率的に仕事を進めるには、デスクトップ型のソリューションは適していませんでした。
「同じデータをみんなで扱うことができ、最新のデータに更新できるような方法を探していました。それぞれのデスクトップPCにそれぞれのデータベースがあり、複数のメンバーが仕事を進める中で同期させるのは無理でした。」
■クラウド型のソリューションに切り替えを検討
2008年頃、SaaS型のソリューションが注目され始めていました。その頃、Freeman氏はGoogle ドキュメントを利用していたこともあり、複数のメンバーでクラウドサービスを利用するのは良さそうだと感じていました。
Freeman氏は、セールスフォースについても簡単に見てみましたが、大企業向けで、自分の会社には高すぎると感じました。その他にもいくつか見てみましたが、名前も覚えていないとのことです。
■Zoho CRMを無料で試し、導入を決定!
Freeman氏は、最終的にZoho CRMを気に入りました。その理由は、無料で試すことができ、価格も適切だと感じたからです。まず、オーランドやフロリダなどの地域のデータを試しにアップロードして試してみました。
その結果、うまくいきそうなことがわかり、すべてのデータをアップロードしました。自社のニーズにあわせて必要なカスタマイズも行うことができました。例えば、「仕入先」は「教師」と名前を変更しています。
■Zoho CRMの導入により顧客への対応スピードが向上
「Zohoを利用することで、家庭教師を見つけるスピードが早くなりました。その結果り、顧客への返信をすばやく行えるようになりました。」
Freeman氏は、Zohoの地図機能を活用してマッチングを行っています。対象の見込み客が住んでいるいる地域について詳しくなくても、見込み客の家に近い家庭教師を探し出せるようになりました。
また、見込み客から寄せられる、家庭教師に関するさまざまな要望にもすぐに回答できるようになりました。これにより、競合より早く良い形で回答でき、契約が成立する可能性を高めることができました。
■Webフォームに入力されたデータをZoho CRMに取り込み
その他、Zoho CRMに見込み客のデータを取り込む機能も活用しています。Freeman氏は、Zoho Recruit(Zohoの採用管理サービス)を利用して家庭教師向けの広告を出しています。
また、Web-toリード機能を利用して見込み客のデータを取得しています。どちらの場合も、Webフォームに入力された情報が直接Zoho CRMに取り込まれ、Freeman氏や社員がすぐに確認して対応することができます。
■他のユーザーへのアドバイス
Freeman氏は次のように述べています
「始めるのにできるだけリスクが少ないサービスを選び、うまくいくかどうか試してみることが必要です。Zohoはこのことを理解しており、3カ月や1年といった契約でしばることはありません(*)。いつでも好きな時に止めることができるのです。
 また、最初の3人までは無料で利用できます。小さな会社は、できるだけ少ないリスクで試してみてうまくいかなかったら止めて別のものを試す必要があることをZohoはよく分かっています。」
少なくともFreeman氏にとってはうまくいったようですねFreeman氏は次のようにも述べています。
「良いツールを使うことで、競争力がアップしました。また、Zohoは間違いなく私達の事業に不可欠です。」
*クレジットカード・ドル購入の場合のみ1月単位で利用できます。銀行振込・日本円での購入の場合は1年単位でのみ利用できます。
■The Homework Coachについて
The Homework Coachは、Freeman氏がディレクターを務める家庭教師のサービスです。特に、ADHDを抱える子供や、学校の試験に備えて基本的な学力をつける必要がある子供向けのサービスに特化しています。
Zoho CRMは3ユーザーまで利用できる無料プランがあります!また、有料プランも年間1ユーザー当たり17,280円からとお手頃な価格で利用できます。ぜひご利用ください!
なお、このブログは、英語版の Zoho Blogs を翻訳・加筆・修正したものです。 
元の記事:  A CRM Solution to React Faster and Stay Competitive

Zoho サービス