Zoho ブログ

Zoho CRM事例:Outlook ExpressからCRMシステムに乗り換え

今回ご紹介するのは、香港で輸出入の事業を行うComet (HK) LtdRaj Selaraka氏の事例です。Selaraka氏は、Outlook ExpressからZoho CRMに乗り換えました

■当初はOutlook Expressで連絡先を管理
Selaraka氏は、事業を始めてから14年間、ずっとOutlook Expressを利用していました。Outlook Expressは、Windowsに付属しており、無料で利用できました。当初は、Outlook Express以外の連絡先の管理方法については特に考えていませんでした。

実際、CRMシステムのメリットどころか、CRMという分野があることすら知りませんでした。元々は、CRM用のソフトウェアは利用しておらず、利用しようという考えもありませんでした。

■オフィスの外では情報を確認できない…
ただ、Outlook Expressでは不便な面もありました。仕入れ業者などの情報は、すべてSelaraka氏の頭の中かメモ書き、オフィスのコンピューターの中にしかなく、出張や外出でオフィスの外に行くと、業者とのやりとりの情報を確認できませんでした。

■お手頃料金で利用できるZoho CRMを導入
ある時、友人のオフィスでZohoを見て、自分に必要なものだと感じました。そこで、CRMシステムの導入を検討してみました。まずはZoho以外のサービスも調べてみましたが、他のものはコストが高すぎました。

14年間、ずっと無料のアプリケーションを使っていたこともあり、高額なシステムを導入するのにはためらいがありました。しかし、Zoho CRMの料金は手頃で購入できる範囲のものだったため、1年前、使い始めました。

■リマインダー機能を活用
Selaraka氏は、特に、リマインダーの機能を活用しています。リマインダーを設定して、業者や顧客に電話やメールで連絡するのを忘れないようにしています。この機能はOutlook Expressから乗り換えた大きな理由の1つでした。

■情報を集約、オンラインで確認
輸出入の事業を行っているため、多数の仕入れ業者と取引を行う必要がありますが、1つのウィンドウの中で連絡先の管理と請求書の管理が可能です。情報がさまざまな場所に散らばらず、集約できます。

また、取り扱う商品の価格はすべてZohoで管理しています。このため、オフィスの外にいる時でも、オンラインですぐに価格を確認できます。オフィスにわざわざ戻る必要はありません。

Selaraka氏は次のように述べています。

「Zohoがあれば、他に何も必要ありません」


■Comet (HK) Ltdについて
Selaraka氏が15年前に設立した、輸出入事業を行う会社です。主に中国で家庭用品を仕入れ、全世界に向けて輸出しています。

Zoho CRMは3ユーザーまで利用できる無料プランがあります!また、有料プランも年間1ユーザー当たり17,280円からとお手頃な価格で利用できます。ぜひご利用ください!
なお、このブログは、英語版の Zoho Blogs を翻訳・加筆・修正したものです。 
元の記事:  Finally making the switch from Outlook Express to full blown CRM


Zoho サービス