Zoho ブログ

Zoho Sheet活用事例:イギリス政府の情報公開サイト「data.gov.uk」

今回の投稿で紹介するのは、イギリス政府のZoho Sheetの活用例です。今回紹介するサイトでは、Zoho SheetのAPIを通じて、データをオンラインで閲覧できるようになっています。
イギリス政府は、情報公開に関する活動の一環で、「data.gov.uk」というサイトで、各種のデータを再利用できるように公開して提供しています。具体的には、医療や教育などをはじめとする政府の活動に関連するデータを公開しています。データは、政府・分析の他、統計情報を利用したアプリケーションにも利用できます。
data.gov.uk」では、政府の活動に関するデータのシートが5,400以上も公開されています。ほとんどのシートはcsvとxls形式でダウンロードできるようになっていますが、ダウンロードしなくても、Zoho SheetのAPIを通じてブラウザー上でそのままファイルを閲覧できるようになっています。
各データのページでは、下記のようにデータの内容についての簡単な説明と、データへのリンクが記載されています。データのファイルへのリンクの下には、「View on Zoho」(Zohoで閲覧する)というリンクが記載されています。実際のページに移動するには、画像をクリックしてください。
ファイルをZoho Sheetで開いて閲覧した後、自分のZohoアカウントにシートを保存することができます。Zoho Sheetを利用すると、オンラインでシート状のデータを編集できます。また、ピボットテーブルやグラフ、関数を利用してデータをより深く分析できます。
csvやxlsのファイルを閲覧するためのソフトウェアがインストールされていなくても、データを表計算シート上で確認できますので便利です。透明性向上にも役立っていますね。日本でもこういった活用法が広がると良いですね!
なお、このブログは、米国本社(ZOHO Corp.)のZoho Blogsを翻訳・修正したものです。
元の記事:How the UK Govt and a Wildlife Reserve are using Zoho Sheet

Zoho サービス