Zoho ブログ

Zoho CRMのGoogle Apps連携に新機能を追加!「連絡先」と「カレンダー」の同期が行えます!

Zoho CRMとGoogle Appsの連携機能、あいかわらず人気です。
人気の機能だけに期待と要望も多く、開発チームも頑張っています

ということで、今日は新しい機能をご紹介します♪

あ、ちなみに。Zoho CRMとGoogle Appsの連携機能が気になる方は、9月29日にセミナーを開催予定です。
よかったらお申し込み下さい☆(って宣伝してみたり・・)

では本題。以下は本社ブログ記事を加筆・修正したのもです。

—————————————————————————————————

Zoho CRMアプリは、Google Appsマーケットプレイスの中でも、確固とした「勝ち組」の地位を築いてきました(実際Google Appsのインストールコンテストで勝者6サービスの中に選出されています)。このことを、ユーザーの皆様も喜んでくれています。

しかし、私たちはいつも「何かが欠けている」という気持ちを拭えずにいました。
今日はそんな気分を少し解消してくれる、新機能をご紹介します!

連絡先の同期

Google Appsユーザーの方は、連絡先のデータ管理がもっと楽になります。

新しく追加された機能で、Zoho CRMとGoogle Appsのデータを同期できます。同じデータを何回も入力する必要はもうありません。それに、同期の頻度も自由に設定できます。

例えば、「Zoho CRMとGoogle Appsの両方に入力した連絡先を、週に一回のペースで同期したい」という場合、次のように設定してください。

  • 同期のオプション:「双方向同期」
  • 同期の頻度:「毎週」

ジャン♪ これで出来上がり。

え?同期するときに内容が矛盾していたらどうなるのかって?
そういう時も簡単です。どちらのデータを優先するか決めることが出来ます。
「Zoho CRM優先」?それとも「Google Apps優先」?…決定権はあなたにあります

もちろん、「Zoho CRMからGoogle Appsへ」のように、一方的にデータを同期するためのオプションもあります。

カレンダーの同期

では、カレンダーの同期機能はどのようになっているのでしょうか?内容は、「連絡先の同期」機能とよく似ています。
ここでは、Zoho CRMとGoogle Appsの間で「予定」を同期できます。

例えば、お客様から、「次の月曜日に製品のデモをお願いします」という依頼を受けたとします。
そんなときは、Google カレンダーにササッと詳細を記入しましょう。

あとは、Zoho CRMとGoogle カレンダーの同期機能に任せてください。
あなたが設定した通りにデータを同期してくれます。
また、Google カレンダーからZoho CRMにリマインダーを追加するオプションもあります。

これらの機能はZoho CRMのエンタープライズプランを使用している全てのGoogle Appsユーザーが利用できます。
ぜひ試してみてください。

—————————————————————————————————
いかがですか?
設定は、Google Appsにサインインした後、Zoho CRMの「設定」画面より行えます。
(「設定」>オプションの中の「Zoho CRMとGoogleの連携」>「連絡先/カレンダー」)

Google Appsユーザーで、Zoho CRMのエンタープライズプランを使用しているという方は、ぜひお試しください。

【参考URL】

Zoho サービス