Zoho ブログ

クラウド型データ分析サービス「Zoho レポート」の新機能:条件付き書式設定と積み上げグラフ

クラウド型データ分析サービス「Zoho レポート」に新しい機能を追加しました!

今回追加したのは次の2つの機能です。
  1. 条件付き書式設定
  2. 積み上げグラフ
それではさっそく詳細を見ていきましょう。

1. 条件付き書式設定
データを分析する際に、ある条件を満たすデータを目立たせたい場合ってありますよね?

Zoho レポートの新機能を利用すると、条件に応じてセルの文字や背景の色を変えることができます。例えば、収益データの分析の際に、収益がマイナスの場合に赤字にしたり、売上が目標額以上の場合に背景を黄色にしたりといったことが可能です。

下の例は、クリック広告の分析データベースの例です。インプレッション数が大きいほど濃い赤の背景を設定しています。また、クリック数が300以上のものはピンク、100以下のものは薄紫の色の文字で表示しています。

なお、この機能は、ツールバーの「Column Properties」のメニュー、または、列を右クリックした時に表示されるメニューの「Conditional Formatting」から設定できます。現在は、通常のテーブルとクエリーテーブルのみで利用できますが、今後、ピボットテーブルやサマリーテーブルでも利用できるようにしていく予定です。
2. 積み上げグラフ
Zoho レポートでは、利用できるグラフの種類をどんどん追加して行っています。今回、積み上げグラフが利用できるようになりました。
いかがでしょう?こうした機能を活用すればデータの分析がますます便利になりますねぜひお試しください!
■関連情報

なお、このブログは、米国本社(ZOHO Corp.)のZoho Blogsを翻訳・修正したものです。
元の記事:Visualize your data better: Conditional formatting and more!

Zoho サービス