オンラインCRM vs パッケージCRM

オンラインCRMとパッケージCRMの違いは何でしょうか?



オンラインCRMは、他人によってホストされています。一般的に、オンラインCRMシステムを使用した分だけ使用料を払います。Zoho
CRMもオンラインCRMに分類されます。Zoho CRMは、サインアップ(ユーザ登録)し、ログインして使用します。 インストールは不要です。



パッケージCRMは、オフィスなど指定した場所にソフトウェアをインストールします。
一般的には、ソフトウェアは買い取りになり、アプリケーションとも呼ばれます。世界ではこのような形態のソフトウェアが大半を占めています。使用する場合
には、ソフトウェアをWindow XPなどのシステムへインストールします。



CRM業界では、現在、オンラインCRMが主力になっています。実際、多くのCRMがホスティングされ、オンラインサービスとしてユーザに提供さ
れています。このことは、非常に大きなビジネスインパクト与えています。オンラインCRMであるZoho CRMには次のメリットがあります。



・導入検討時には、先行投資は一切不要です。3ユーザまで無料でお使いいただけます。

高度なセキュリティで大事なデータをお守りします。

・CRM用のサーバハードウェアは不要です。設定したログインとパスワードでブラウザから接続するだけです。

メンテナンス不要です。私たち、Zoho CRM開発チームがメンテナンスを行います。

支払方法を指定可能です。月払いか年払いか選択できます。

インストール費用は発生しません。

・オンライン登録していただくだけですぐに使用できます!!



メリットの多いZoho CRMを一度お試しください。

ユーザ登録はこちらから(3ユーザまでは無料です!)



なお、このブログは、本社(AdventNet Inc.)のZohoCRMブログを翻訳したものです。

元の記事(2008年2月26日投稿)はこちら (翻訳:安田拓美)

PAGE TOP