採用活動支援サービス「 Zoho Recruit 」をリリース


今日、人事部門や採用担当者にとって、求人に対して、熱心で資格のある多くの応募者の中から、最適な人材を選択するは大変難しいと感じています。しかしな
がら、最適な人材の選択だけが問題なのではありません。増え続ける履歴書、メール・電話でのやり取りや面接の管理などがより困難になってきているのです。

この問題を解決するために本日リリースされた、Zoho の新サービスをご紹介します。 採用活動を支援するSaaSサービス「Zoho Recruit(ゾーホーリクルート)」です。Zoho Recruit は、人材管理システム(ATS:applicant tracking system) です。人材派遣会社や企業の採用部門が、求人数や履歴書、応募者や連絡先をすばやく効率的に管理するのに大変役立ちます。Zoho Recruit を利用すれば、採用担当者が採用プロセスや事務処理にかける時間を削減し、最適な人材の選択により注力できる ようになります。

Zoho Recruit では、人材派遣会社や、企業内の採用担当者や人事部門などが、次のような機能を活用できます。:

  • 応募者の情報収集と抽出: 複数のソースから履歴書を収集し、第一のフィルターをかけます。資格のある応募者を除外することなくすばやく応募者を選抜します。
  • 応募者と履歴書の管理: 
    面接プロセスを通して、履歴書を管理し応募者を追跡管理します。Zoho Recruit
    には、履歴者のデータベース機能があります。さらに、面接の予定管理、自動メール通知の送信、応募者の活動やメモの記録などの機能があります。ある応募者
    に対して採用の決定を行った後は、該当応募者を「ロック」することで、他の職業やクライアントの混乱を防ぐことができます。
  • 求人情報の作成と公開: 求人情報を作成しウェブサイト上で公開することで、履歴書を簡単に収集することができます。応募者は、ウェブサイト上で直接応募することができます。
  • 履歴書の解析:
    ResumeGrabber
    サービスとの連携により、ソーシャルサイトやメール添付のような異なるソースからの履歴書の情報を、データベースに投入することができます。なお、
    Zoho Recruit をご利用の方は、ResumeGrabber にて優待割引を受けることができます。
  • 採用活動の最新ステータスを把握: 活動動向によって、採用担当者や人材情報提供者が常に最新の活動と活動予測を把握することができます。例えば、本日行われる面接や、最近の採用決定者、最新の求人ポストなどを確認できます。
  • 柔軟なカスタマイズ: 企業によって採用プロセスは様々です。Zoho Recruit は、ニーズに応じて十分なカスタマイズが可能です。たとえば、ドラッグ&ドロップの簡単操作のUIで、カスタムフィールドの作成が可能です。(powered by Zoho Creator)

人事派遣会社や人材スカウト業者にとって、Zoho Recruit は特に重宝します。Zoho Recruit
の特長として、クライアントと応募者との交流を管理するという専門機能があります。Zoho Recruit
から、顧客へ直接、簡単なメモを送信することも可能です。
人事派遣会社や人材スカウト業者にとって、Zoho Recruit は異なる複数のクライアントとその応募者の管理に大変便利なサービスであることをご理解いただけると思います。


の Zoho サービスと同様に、Zoho Recruit
には無料版があります。有料版には、ユーザあたり年間17,280円のスタンダードプラン(Standard
edition)があります。無料版との主な違いとしては、スタンダードプランでは、採用担当者がより多くの求人数を追加することができ、一括メール送信
やカスタマイズ等が可能です。

Zoho Recruit は、現在、英語版のみのリリースです。国内ユーザ様のご要望に応じて、今後、日本語化も検討いたします。ご興味のある方は、是非、本サービスを試してみてください。



■Zoho Recruit サービスページ: http://www.zoho.com/recruit/ (英語)

※注意:2009年11月現在、本サービスは日本語未対応です。英語のみのご利用になりますのでご注意ください。


なお、このブログは、本社(ZOHO Corporation)の Zoho Blogsを翻訳・加筆したものです。
元の
記事(2009年11月23日投稿)はこちら(翻訳:ゾーホージャパン, 清水)


PAGE TOP