Zohoサービスのアクセス障害について

日本時間、1月21日の午前1:25より、Zoho英語版のWebサイト(http://www.zoho.com)を含むすべてのZohoサービスサイトにアクセス障害が発生していました。現在はすべてのサービスへのアクセスが復旧しております。

原因は、データセンターにおいて発生した電源障害です。具体的には、Zohoが利用しているEquinixのカリフォルニアのデータセンターにおいて、電源障害が発生しました。
https://twitter.com/#!/Equinix/status/160437615437418496

Equinixにおいてこの問題はすぐに検知され、電源障害は復旧しました。しかし、突然の電源障害により、データベースのデータの整合性に問題が発生しました。各サービスは、複数のデータベースのクラスターによって構成されています。各クラスターは、マスター – スレーブの構成になっておりますが、電源障害により、いくつかのクラスターにおいて不整合が生じました。

このため、サービスを完全に復旧するためには、すべてのデータベースクラスターの整合性を確認、担保する必要があります。現在、サービスごとにデータベースの整合性のチェックと同期作業を行い、復旧作業に時間がかかりました。

データベースの同期は、データの量にもよりますが通常数時間を要します。影響されたデータベースクラスターにおけるデータの量や、不整合の度合いによって、サービスの復旧までの時間が異なりますが、データベースを復旧できたものからサービスを復旧しました。

最新情報は以下のツイッターアカウントにてお知らせしております。
http://twitter.com/#!/zoho

また、最新情報は英語ですが、状況が分かり次第、日本語アカウント、および、本ブログ、フォーラムでも日本語でお知らせしております。
https://twitter.com/#!/jpzoho

今回の障害についての詳細、および、今後の対策について、本ブログでもまた別途お知らせいたします。
この度は多大なご迷惑をおかけし、誠に申し訳ありません。

PAGE TOP