ブログ記事紹介:「良きかなクラウドサービス」&「Zohoは本当に中小企業向けクラウドサービスの本命なのか?」

今回の記事では、Zohoを取り上げて頂いているブログ記事をご紹介します。ブログと記事のタイトルは次のとおりです。
これらの2つの記事では、特にZohoの特長をとらえて頂いています。
まず1つ目の記事では、Google Appsもびっくりのサービスと機能の多さについて述べられています。
「CRM(customer relationship management)顧客との関係向上管理ツールなるものまで存在し・・・要するにネットショップ向け営業・販促ツールソリューションと思いましたけど、これはよく出来てますよねー。こんなニッチなものまでアプリを提供しちゃう時代なんだってデヴェロッパーとしてはある意味ちょっとどきどきしちゃいました。ま、情報システムにコストかけてらんないけどパフォーマンス必要だよねー的中小企業の味方って感じっす。知らないとほんと損してると思いますよ。余計だけどプロジェクト管理ツールなんて本当にヤバいくらいに機能多いっすw。この関係話しだすときりが無いかもしれないけれど・・・。」
こちらでも述べられているように、Zohoの特長の1つはサービスの「幅と深さ」です。25以上のサービス群があり、1つ1つのサービスも機能が豊富です。Google Appsとも連携していますので、組み合わせて使うともっと便利です
また、Zohoは中小企業や個人事業主の方向けのクラウドサービスですので、「情報システムにコストかけてらんないけどパフォーマンス必要だよねー的中小企業の味方」としてとりあげていただいたのは嬉しく思います!
2つ目の記事では、まず、Zohoのメリットがまとめられています。
「Zohoの何が良いかと言うと、中小企業向けに欲しかった機能が、
適切な料金で使えるというところです。」
このように、コストパフォーマンスの高さがZohoの大きな特長の1つです。この記事では、具体的に、顧客管理・営業支援のクラウドサービスであるZoho CRMの価格についても紹介されています。
「例えば、Zono CRM(Customer Relationship Management)といわれる
顧客管理サービスは、無料プラン3ユーザーまでであれば、
期間の制約なしに無料で使うことが出来ます。
また、ほとんどの機能が網羅されているZoho CRMのプロフェッショナルプランでも
1ユーザーあたり年額17,280円(税込)、月額ですと1ユーザーあたり1,500円程度で
利用することが出来ます。
この価格というのは、他の同機能のCRMクラウドサービスと比較しても、
1/3から1/10の価格で提供されており、中小企業にとっては気軽に使える
価格帯のサービスでもあります。」
また、Zohoのメリットの他、紹介のスタンスについても述べられています。
「事前に断っておきますが、当社はZohoの代理店でもパートナーでもありません。
しかし、公正、中立な立場で、Zohoのクラウドサービスを評価するとすれば、
現在、世の中にある中小企業向けのクラウドサービスの中でZohoは、
利用料金、機能、内容、サービスのラインナップでは、第一選択として
検討するに値する素晴らしいクラウドサービスであると考えています。」
日本クラウドコンピューティング株式会社さんでは、クラウドサービスの導入や活用の支援を中立な立場から行っています。中立な立場でこのように評価して頂き、光栄に思います。
なお、メリットだけでなく、不足しているところやデメリットについても述べられています。
「ただ、ホームページが完全に日本語化されておらず、リンク先が英語の
ページに飛んでしまうので、私もお客様にお勧めしても、
多くの方はこれがネックになって、使うのを躊躇してしまいます。
しかし、ホームページの完全日本語化が出来ていないとか、不十分な点は
沢山ありますが、それを超えるだけの利用メリットがZohoにあります。」
このあたりは、仰るとおりで、ご不便をおかけしているかと思います。ただ、不十分な点を踏まえても、それを超えるだけのメリットがあるという点は当社も強調しているところです!もちろん、これらの点は改善できるように鋭意対応を進めていますので、今後に期待していただければと思います
同じブログの「多くの経営者が間違える業務系クラウドサービスの導入目的」という記事も非常に良い内容です。
興味がある方はぜひご一読ください!

PAGE TOP