クラウド型採用管理サービス「Zoho Recruit」の新機能:採用候補者と顧客企業の担当者の同期

クラウド型採用管理サービス「Zoho Recruit」に新しい機能を追加しました!

今回追加した機能は、
ある人が採用される候補者だったかと思えば、後で今度は採用する側の担当者になったりする
といったようなケースに役立ちます(その逆のケースでも役立ちます)。

これまで、Zoho Recruitでは、
「Candidate」(採用候補者)と「Client Contacts」(顧客企業の担当者)のデータを分けて管理していました。
このため、上記のようなケースに対応できていませんでした。

今回、採用候補者と顧客企業の担当者の同期機能をリリースしました
この機能により、同じデータを重複で登録登録したりする手間を省けます。

また、同じ連絡先の情報について、表示する内容を切り替えられるようになりました。

  • 採用候補者としての情報を表示する
  • 顧客企業の担当者としての情報を表示する
  • 両方あわせて表示する

切り替え用のアイコンは画面右上に表示されています。


あわせて表示するといっぺんに情報を確認できます

ぜひご利用ください!
※なお、Zoho Recruitの画面の言語は日本語には対応しておりません(日本語データの入力は可能です)。

簡単な使い方については以下の記事をご参照ください。

サービスサイトはこちら↓

なお、このブログは、米国本社(ZOHO Corporation)のZoho Blogsを翻訳・加筆・修正したものです。
元の
記事Zoho Recruit: Candidate and Client Contact Sync

PAGE TOP