納品書や領収書をZoho インボイスのデータを使って発行しよう!



クラウド上で請求書や見積書を作成できるということでご好評を頂いている「Zoho インボイス」

ですが、日本のユーザーの皆様からよく頂くリクエストがあります。それが納品書や領収書の機能です。 

残念ながら、現在のところ、Zoho インボイス内で納品書や領収書を作成する機能はまだありません…
しかし、困っているユーザーの方がたくさんいるのに見過ごすわけにはいきません!

 
そこで、今回の記事では、納品書や領収書を発行する対応策をご紹介します。



具体的な方法は次の2通りです。


  1. 見積書・請求書のテンプレートで納品書・領収書のテンプレートを作成し、それを利用する

  2. 納品書・領収書アプリ(Zoho クリエーターで作成)を利用する

以下、それぞれの方法のメリット、デメリットと具体的な作成方法についてご紹介します。


方法1:


見積書・請求書のテンプレートで納品書・領収書のテンプレートを作成し、それを利用する

この方法では、見積書や請求書のテンプレートをカスタマイズして納品書・領収書用のテンプレートを作成します。
方法2と比べた場合のメリット・デメリットは次のとおりです。


メリット
  • Zoho インボイス内で操作が完結する

デメリット
  • 納品書・領収書の発行履歴を残せない

作成方法



 次のリンクをご参照ください。


方法2:

納品書・領収書アプリ(Zoho クリエーターで作成)を利用する

この方法では、Zoho クリエーターのアプリを利用します。
方法1と比べた場合のメリット・デメリットは次のとおりです。


メリット


  • 納品書・領収書の発行履歴を残せる


デメリット
  • Zoho インボイス内で操作が完結しない(Zoho クリエーターの画面を開く必要がある)
  • Zoho クリエーターのライセンスが無料プランの場合、書類の右上に「Zoho Creator」のロゴが挿入される
    (有料プランの場合は挿入されません)

作成方法



 次のリンクから、アプリを自分のアカウントにインストールしてください。

 インストール後、「管理」タブの「使い方」を参照して必要な初期設定を行った後、領収書・納品書を作成するフォームに必要なデータを登録してください。
 ちなみに、このアプリで作成した納品書、領収書は次のように表示され、PDFでエクスポートが可能です。


それぞれの方法は、以下の方におすすめです。


おすすめの方法
納品書・領収書の発行履歴を残す必要がない方→1つ目の方法
納品書・領収書の発行履歴を残したい方
見積書・請求書と納品書で商品データを変えたい方→2つ目の方法
いずれも一長一短がありますが、ニーズに合わせてぜひご活用ください!

PAGE TOP