クラウド型顧客管理サービス「Zoho CRM」がFacebookと連携しました!

はじめに、Facebookに関する数字をみてみましょう。
  1. Facebookのユーザー数は、国で言えば世界第3位に相当します
  2. 1人のユーザーに対し、平均130人の友人が登録されています
  3. Facebookをマーケティングに利用している企業のうち、BtoCでは67%、BtoBでは41%の企業がFacebookを通じて顧客を獲得しています
ここで気になってくるのは、Facebook上のつながりの力を営業に活かすにはどうすれば良いかということではないでしょうか。
CRMがFacebookと連携していたら便利だと思いませんか?

このニーズを見逃すZoho CRMではありません
この度、Facebookとの連携機能をリリースしました!Zoho CRMの中で、顧客のFacebookのプロフィールを確認することが可能です。



具体的には次のようなポイントで役立ちます。

見込み客や顧客の詳細情報を確認
メールアドレスしか登録されていない見込み客の情報があるとしましょう。こうした時に相手にメールを送っていろいろ聞きださなくても、Facebookのプロフィールから、勤務先の会社や職位、卒業した学校、居住地などの情報を確認できます。こうした情報をもとに適切なコミュニケーションをとれば、商談の確度も上がります

顧客の声にすぐに対応
見込み客がFacebookにあなたの会社の商品やサービスについて書きこんだとしましょう。こうした書き込みに対して、Zoho CRMの画面から返信することが可能です。顧客が何か疑問に思っていることや困っていることがあれば、それを解決する手助けをすぐにできます。

顧客とのコミュニケーションの深化
顧客との関係は、一度購入のプロセスが終わったからと言ってそこで終わりではありません。顧客と継続的な関係を築いていくことが重要です。ここで、Facebook連携が役立ちます。ウォールの更新情報を確認して「いいね!」を押したり、コメントしたりすることで、顧客と継続的にコミュニケーションをとっていくことができます。次に電話した時に、単に時候の挨拶をするだけでなく、より個々の顧客に合った話ができるようになります

こうしたポイントの他にもFacebook連携の使い方は様々です。ぜひお試しください!

PAGE TOP