Gmail の送信取り消し VS Zoho Mail の送信トレイ


Gmail は最近、Google Lab において新機能をアナウンスしました。Official Gmail Blog(英語) をご参照ください。


「 Gmail Labs の設定で、Undo Send (送信の取り消し) を有効にすると、メール送信の操作後に表示されるメッセージ内に新しい “Undo(取り消し)” ボタンリンクが表示されます。
 “Undo(取り消し)” をクリックすれば、メッセージを送信前に再取得することができ、再度編集をすることが可能です。

 この機能では、送信済みのメールを撤回することは出来ません。 ただ、5秒間だけメッセージを保留することができますので、送信後に非常停止ボタンを押すチャンスが与えられます。」


TechCrunch によると、Gmail のこの新機能 には限界があることが多くのコメンテータによって指摘されている、と伝えています。例として、Chris 氏は以下のように述べています。


 「なぜ、メールの送信ボタンをクリックしてから実際にメールが送信されるまでの保留時間を、自由に設定できないのでしょうか。
 衝動的にメールを書いてしまうユーザであれば、30秒や1分間の保留時間が必要であるでしょう。人によっては、24時間必要な場合もあるでしょう。」


Zoho Mail には、衝動的にメールを書いてしまうユーザが必要とする、この便利な機能があります。
この機能の設定は非常に簡単です。Zoho Mail アカウントにログインし、画面右上にある 設定 リンクをクリックしてください。オプションの設定から送信トレイ 設定にて、受信トレイのメール自動取得の間隔 に好きな保留時間を分単位で入力し、保存 ボタンをクリックして設定を保存します。

Outbox settings in Zoho Mail


上記の設定が完了すると、設定した一定時間のあいだ、送信メールは全て 送信トレイ フォルダに残ります。

Mail waiting to be sent in Zoho Mail


メールをクリックして、編集した後、再度送信することも可能です。
メールが不要な場合には削除 するか、受信トレイの設定を上書きしたい場合には、いますぐ送信 設定を選択してください。
Zoho Mail の受信トレイ機能を是非お試しになり、ご意見・ご感想をお寄せください。

関連記事:

Zoho Mail に Gmail のバックアップを保存する
Zoho Mail の対話式(スレッド)ビューが使いやすくなりました!
Zoho, slowly but surely, Trying Hard to Make Inroads into Web Email(英語)


■Zoho Mail サービスページ: http://zoho.jp/service/zoho-mail.html



なお、このブログは、本社(AdventNet Inc.)のZohoブログを翻訳・加筆したものです。
元の
記事(2009年3月19日投稿)はこちら(翻訳:清水)

PAGE TOP