Zoho カレンダーの新機能!グループカレンダー、現地時間での予定の表示、他のカレンダーとの連携、その他

Zoho カレンダーに便利な新機能を追加しました!

さっそくご紹介していきます



■グループカレンダー




グループのメンバーの予定を一目で確認


これまでも、カレンダーの共有は可能でした。ただ、共有する人数が多くなってくると、グループのメンバーがお互いにお互いのカレンダーをすべて登録する必要があり、1つ1つ登録するのが大変でした

今回の機能追加により、グループ単位のカレンダーを作成し、こうした手間を省けるようになりました





この機能を利用すると、グループで利用するカレンダーを作成でき、自分のカレンダーとあわせて表示できます。

自分のカレンダーと同様に、予定の作成、表示、編集、削除などの操作が可能です。自分が所属するグループのカレンダーさえ登録しておけば、他のメンバーのカレンダーを1つ1つ登録する必要はありません。


別タブで表示


また、複数のグループカレンダーを登録している場合、まとめて1つのページで表示することもできますし、それぞれ別のタブで表示することもできます。

グループカレンダー以外に、以下の機能も追加しました。


■タイムゾーンの設定/現地時間での予定の表示


海外出張などがある際に、タイムゾーンが異なる予定が入ることがあります。タイムゾーンの設定は、このような場合に役立ちます。予定の登録時にタイムゾーンを設定でき、時差を反映させた上で予定を表示できます。

また、逆に、時差を考慮せずに入力した時間そのままの現地時間で表示することも可能です。

Zohoの開発センターはインドで3時間半の時差がありますが、これでインドに出張したり、インドのメンバーと遠隔会議をする際の予定の確認もバッチリです

…インドとやりとりされなくても、海外出張に行ったり、海外とやりとりする際に便利な機能ですのでぜひご利用ください!


■他のカレンダーから招待された予定の登録


他のカレンダーから予定に招待された際に、招待メールから出欠をすぐに登録できます(Zoho メールとの連携機能です)。

Google カレンダーから招待された場合の例


■複数のカレンダーの統合&組み込み


Webサイトやブログにカレンダーを組み込む際に、複数のカレンダーの予定を統合して組み込むことができるようになりました。自分の側では複数のカレンダーに分けて管理している内容を、他の人には1つにまとめた形で表示できます。

ぜひご利用ください!



■関連情報





なお、このブログは、米国本社(ZOHO Corp.)の 



Zoho Blogs 



を翻訳・修正したものです。 




元の記事: 







Group Calendar Support & Other Neat Updates in Zoho Calendar

PAGE TOP