Zoho CRMの機能改善:メールテンプレートの新しいエディター、Zoho Mailオプションの管理者向け機能

Zoho CRMの機能を改善しました!さっそく今回の機能改善の内容をご紹介していきましょう
今回の機能改善は次の2点です。
  • メールテンプレートのエディターの改善
  • Zoho Mailオプションの管理者向け機能
以下、それぞれの機能の詳細です。

■メールテンプレートのエディターの改善
Zoho CRMのエディターの機能が改善しました!今回の改善により、エディターのオプションが大幅に増えました。以前のエディターではシンプルなテンプレートの作成しかできませんでしたが、新しいエディターではより細かなテンプレートも作成できるようになりました。



WYSIWYG(What You See Is What You Get:画面上で見たとおりのものが利用できる)のエディターを採用しているので、文書ソフトと同じような感覚でテンプレートを作成できます。

例えば、以前は、画像付きのテンプレートを作るのにHTMLのコードを編集する必要がありました。新しいエディターでは、ロゴや画像の追加をオプションのメニューから簡単に行えるようになりました。

以前は画像を挿入するにはWeb上の場所に予め置いておく必要がありましたが、デスクトップからの画像のアップロード&挿入に対応しました。さらに、表も簡単に挿入できるようになっています。その他、テンプレートの編集に役立つ各種オプションを利用できます。



■Zoho Mailオプションの管理者向け機能の追加

機能の主な内容は次の2点です。
  • 無効なユーザーのメールのバックアップ
  • Zoho Mailオプションの設定のロック

今までは、Zoho Mailオプションを利用していたユーザーを無効にすると、そのユーザーが顧客とやりとりしたメールに他のユーザーがアクセスできなくなっていました。今回追加した機能を利用すると、この問題を解決できます。

(「設定」→「管理者設定」→「Zoho Mailオプションのユーザー」から利用できます)

また、Zoho Mailオプションの設定を管理者側でロックすることができるようになりました。ロックすると、ユーザー側で設定を変更することができなくなります。
今回の機能改善は以上です。新しいエディターとZoho Mailオプションの管理者向け機能をぜひお試しください
■関連情報

なお、このブログは、米国本社(ZOHO Corp.)のZoho Blogsを翻訳・修正したものです。
元の記事:New Editor Options and More in Zoho CRM

PAGE TOP