Microsoft アプリケーション向けの Zoho プラグイン

ここ数年の間に、ZohoではMicrosoftアプリケーションとのシームレスな利用を可能にする、数々のプラグインやアドオンをリリースしてきました。現在までに提供しているプラグインには、次のようなものがあります。


MS Office 用の Zoho プラグインには、現在、上記の2種類があります。Microsoft Office 用 Zoho プラグイン を利用すれば、Microsoft Word や Excel のドキュメントを、直接、Zoho に保存することができます。さらに、オンラインのドキュメントを Microsoft Office で開くことも可能です。一方で、Microsoft Office 用 Zoho CRM プラグイン では、Zoho CRM 内のデータに基づいて、テンプレートレターのようなメールマージドキュメントを作成することができます。

また、Zoho には、Microsoft Outlook 用のプラグインがいくつかあります。Microsoft Outlook 用 Zoho CRM プラグインは、Outlook の予定表と Zoho Calendar を同期することができます。特に、Microsoft Outlook 用 Zoho CRM プラグイン によって、Outlook の連絡先から Zoho CRM アカウントの連絡先へ同期することができます。

つい最近では、Microsoft SharePoint 用 Zoho Office アドオン
をリリースしました。これにより、コラボレーション可能なZoho 生産性向上サービスを、 Microsoft SharePoint
へ導入することができます。このアドオンにより、データを企業内の Firewall 内にある SharePoint
に残すことができ、さらに、Zoho アプリケーションのコラボレーション機能を Microsoft SharePoint
に組み込むことができます。

Microsoft アプリケーションを利用しないユーザは、これらのプラグインは必要ないかもしれません。しかしながら、そのような方にも、Zoho QuickRead ブラウザプラグイン
は大変便利です。インターネット上で見つけたドキュメントをすばやくZohoで閲覧することが可能です。このプラグインによって、ドキュメント/表計算
シート/プレゼンテーション
のファイルをブラウザの新規タブで開くことができ、ファイルをローカルマシンにダウンロードする必要がありません。このブラウザプラグインには、
Firefox 用と Internet Explorer 用があります。


今回ご紹介したように、Zoho プラグインには、Microsoft Office 用が数種、Microsoft Outlook
用が数種、Microsoft SharePoint 用、Internet Explorer 用など様々な Microsoft
アプリケーション用プラグインがあります。Zoho ユーザからは、さらなるリリースに対するご要望をたくさんいただいています。実は今週中にも、別の
Microsoft アプリケーション用のアドオンをリリースする予定です。一体、何のアドオンなのでしょうか?どうぞご期待ください!


■Zoho プラグイン/アドオンの一覧は、弊社サイトの右パネル下部のサービス一覧をご参照ください: http://www.zoho.jp/



なお、このブログは、米国本社(ZOHO Corporation)のZoho Blogsを翻訳・加筆したものです。
元の
記事(2009年7月7日投稿)はこちら(翻訳:清水)

PAGE TOP