Microsoft SharePoint 用 Zoho Office アドオンをリリース!



Zoho
(ゾーホー)は、オンラインコラボレーションサービスです。Zohoには、さまざまなビジネスシーンにおけるコラボレーションに大変便利な、オンライン生産性向上アプリケーションが多数揃っています。Microsoft SharePoint は、企業におけるコンテンツ管理のためのユビキタス(
誰もがいつでもどこからでも情報ネットワークにアクセスできる)ツールです。しかしながら、Microsoft SharePointには、Zoho のようなクラウドアプリケーションが持っている、いくつかの利点に欠けています。

本日(2009年6月23日)、Microsoft SharePoint 用
Zoho Office アドオン のリリースをご紹介できることを嬉しく思います。このサービスによって、Zoho のオンライン生産性向上アプリケーションの利点を、Microsoft SharePoint に付与できるからです。

Microsoft SharePoint 用 Zoho Office アドオン は、
Microsoft SharePoint の価値を向上します。このサービスによって、ユーザは Zoho のオフィスサービスである、Zoho
Writer/Sheet/Show
を利用して、新規のドキュメント/表計算シート/プレゼンテーションを作成することができ、また作成したドキュメント/表計算シート/プレゼンテーション
を直接、Microsoft がサポートするファイル形式で、Microsoft SharePoint に保存することができます。さらに、ユーザは、
Zoho オフィスサービス上で、既存のドキュメント/表計算シート/プレゼンテーションを閲覧/編集し、Microsoft SharePoint に保存し直すことも可能です。 なお、本アドオンの利用に、Zohoアカウントの登録およびログインは必要ありません。



この ビデオ(英語) では、本サービスの概要をご紹介しています。

 


インストール手順をご紹介したビデオ(英語)も、こちらのページ
でご紹介しています。Zoho
アプリケーションはクラウド上で提供されるWebサービスですので、ユーザはデスクトップにツールをインストールすることなく、ドキュメントを作成/閲覧
/編集することができます。Microsoft SharePoint サーバにアドオンをインストールするだけで、Webブラウザ上で本サービスを利用することができ、ユーザの生産性をさらに向上させることができます。

Microsoft SharePoint 上で、Zoho のコラボレーション機能を活用できます

Microsoft SharePoint 用 Zoho Office アドオン は、
存ドキュメントの編集機能だけでなく、コラボレーション(共同編集)機能を提供します。Microsoft ShrePoint
で定義している共有設定に基づいて、複数のユーザがドキュメント/表計算シート/プレゼンテーションをリアルタイムに共同編集することが可能です。つま
り、この機能によって、オンラインオフィスサービスの重要な利点の1つを、Microsoft SharePoint に付与します。

 

さらに、Zoho オフィスサービスに統合された Zoho Chat の利用によって、ユーザは
ドキュメントの共同編集中に、他のメンバーとチャットをすることもできます。


企業の Firewall の内側にデータを保つことができます


Zoho ユーザのうち、中小企業と並び、かなりの割合でより大規模の組織の部署が、
コラボレーションの目的でZoho の生産性向上サービスを利用しています。このような企業では、自分たちのデータを企業の Firewall の内側のネットワーク内に保ちたいという要望があります。そのような組織の場合には、この新しい Microsoft SharePoint 用 Zoho Office アドオン が大変役に立ちます。オンラインアプリケーションのコラボレーション機能と、データを 企業の Firewall 内に保つことのどちらも実現することができるからです。


企業の Firewall 内に Microsoft SharePoint
をインストールしている場合でも、オンラインアプリケーションを利用して、ドキュメントを閲覧/編集することができるのです。ドキュメントを変更した場合
には、ドキュメントは企業 Firewall 内にある Microsoft SharePoint サーバに保存し直されます。その際に、Zoho
サーバにはデータは残りません。

ユーザがドキュメントを開いた際には、
一時的にドキュメントのコピーが Zoho サーバに安全に転送されます。ユーザがドキュメントを閉じた際には、ただちに、Zoho サーバからデータが完全に削除され、データは残りません。


利用料金とご利用環境について


本日より、本アドオンサービスは、Microsoft SharePoint のバージョン 2007 および 2003 でご利用可能です。ユーザ数無制限の 30 日間の試用版 を利用することができます。試用期限後は、ユーザあたり年間 2,880円 の利用料金、または、ユーザあたり月間 450円 の利用料金が 必要です。

(注: 月間利用料は30日間の利用料金です。初回購入時のみ、年間利用料金にて購入する必要があります。 利用料金には日本語でのサポートサービス(メールによる対応)を含みます。なお、2009年6月23日現在、本サービスは日本語をサポートしていません。)

Microsoft SharePoint を既にご利用の方は、是非、この
Microsoft SharePoint 用 Zoho Office アドオン をお試しください。わずかな費用で、Microsoft SharePoint にオンライン生産性向上アプリケーションの利点を付与することができ、組織内の各デスクトップ(端末)にさらなるライセンス費用をかけることなく、ビジネスの生産性を向上することができます。

本サービスの詳細については、サービスページ http://www.zoho.com/sharepoint をご参照ください。
本サービスに関する、皆様のご意見・ご感想をぜひお寄せください。



■Zoho Office For SharePoint サービスサイト:  http://www.zoho.com/sharepoint/

 ※2009年6月現在、日本語未対応です。


——-

Microsoft,
および SharePoint は、米国やその他の国の Microsoft Corporation の登録商標です。ZOHO
Corporation は、Microsoft Corporation と提携、または、Microsoft Corporation
による承認を受けているわけではありません。


なお、このブログは、本社(ZOHO Corporation)のZoho Blogsを翻訳・加筆したものです。
元の
記事(2009年6月23日投稿)はこちら(翻訳:清水)

PAGE TOP