Zoho プロジェクトの新機能!タスクの期間を時間で記録できるようになりました

今年に入ってからタスク関連の機能を次々とリリースしていますが、
今回もその流れに乗って、タスクに関する機能を追加しました
■タスクの期間を時間で記録
これまでは、タスクの期間は日数でしか記録できませんでしたが
今回の機能更新により、時間でも記録できるようになりました。
この機能は非常に多くのユーザーの方からご要望を頂いていた機能です

時間で記録するように設定すると、
タスクの期間の入力画面で「時間」を選択できるようになります。


また、ガントチャートやリソースの使用率のグラフでも
時間に応じたデータを確認できるようになります。



この機能を活用すると、プロジェクトのメンバーのうち、
誰がどのタスクにどのくらい時間を必要としているか把握できます。
タスクの配分を効果的に行えるようになります。


■タスクの期間を時間で記録するための設定方法
この機能は、ポータルの設定から有効にできます。
ポータルの画面を開き、「設定」の「組織の設定」から
タスクの期間を「日」で記録するか「時間」で記録するか選択できます。



この設定を有効にすると、タスクの期間を時間で記録できます。
なお、入力形式は、「2:30」といった形式だけでなく
「2.5」といった小数による形式もサポートしています。
(いずれも2時間半を表します)


■タスクの繰り返し頻度の設定
上記の他にもちょっとした改善を行いました。
タスクを繰り返しで設定する際に、任意の間隔を設定できるようになりました。
例えば、2日おき、3週間おき、半年おきといった設定が可能です。




■これまでのタスク関連の機能更新について
なお、これまでの機能更新については次の記事をご参照ください。
■今後の機能更新について
なお、現在「Zoho プロジェクト4.0」という新バージョンのリリースの開発を進めてい