Zoho CRMの新機能:キャンペーン管理、Zoho Support連携、Zoho Projects連携機能の改善

Zoho CRMに新機能を追加しました!今回は、マーケティング、サポート、プロジェクト管理関連の機能を強化しました。詳細は次のとおりです。

■キャンペーン管理
1人の見込み客や連絡先に対して複数のキャンペーンを関連付けることができるようになりました。この機能は特に、特定の見込み客(リード)や既存顧客に対して、さまざまなキャンペーンを行う場合に役立ちます。

例:展示会に参加した見込み客にダイレクトメールを送信、ウェビナーに参加してもらう
この場合、次の3つのキャンペーンがそれぞれの見込み客に関連します。
  1. 展示会
  2. ダイレクトメール
  3. ウェビナー
このような場合に、複数のキャンペーンを特定の見込み客や顧客に関連付けてデータを管理できます。どの見込み客をフォローアップしなければならないか、売上につながった見込み客の数はどのくらいかなど、マーケティングのキャンペーンと見込み客や既存顧客に関する情報をZoho CRMで一元的に管理できます。
上記の例以外にも、マーケティング活動の中ではさまざまなキャンペーンを行います。展示会やダイレクトメール等は、内容を変えながらも繰り返し行うことも多いでしょう。この中で、どのキャンペーンの費用対効果が高いかを把握することが重要です。キャンペーンのデータを見込み客や顧客のデータにしっかりと関連付けておけば、そのデータを元に分析できます。

なお、キャンペーンに関連付けられている見込み客や既存顧客は、キャンペーンメンバーとして扱われます。キャンペーンメンバーに対して、ステータスを一括で更新する等の操作が可能です。

新しいキャンペーン管理機能について、D-Tools社の営業担当副社長のTim Bigoness氏は次のように述べています。
マーケティング活動の効果を計測したり、マーケティングの業務と見込み客や顧客のデータを関連付けたりするのに、より役立つように変わっています。
これらの機能の改善により、Zoho CRMは、より無くてはならないサービスとなりました。
新しくなったキャンペーン管理機能をぜひ試してみてください!

■クラウド型顧客サポートサービス「Zoho Support」との連携
Zoho CRMとZoho Supportが連携しました。これにより、Zoho CRMから顧客サポート関連の情報を簡単に参照できるよう

PAGE TOP