営業プロセスを改善!タスクの抜け漏れをなくし商機を逃さないように!(Zoho CRMユーザー事例)

この記事では、Zoho CRMのユーザー事例をお届けします。
今回は、メキシコのIT企業、GDLsystems社のCEO、Juan Pablo Orozcoさんにお話を伺いました。

Juanさんは、売上の改善につながるようなCRMソフトウェアを探し、Zoho CRMを見つけました。Juanさんは次のように述べています。

「リアルタイムの情報を持っていないのは暗闇の中を歩いているようなもので、意思決定できません。素早く意思決定しなければ、ビジネスはうまくいきません。」

この点でZoho CRMが役立ちました!それでは、具体的にどのように役立ったかを説明して行きましょう。

■タスクに抜け漏れがあり商機を逃す…売上も把握できず…
同社では、営業のプロセスを改善するためのサービスを探していました。市場を分析し、高い収益をあげられるのはどこかを見つけだそうとしていました。

この時直面していた課題について、Juanさんは次のように述べています。

「複数の業務を担当している人が重要なタスクを忘れることがあり、結果として、商機を失っていました。小規模な事業を運営していると、人手より多くの領域をカバーすることになり、それぞれの人が複数の役割をこなさなければなりません。
このようにダイナミックな業界では、キャッシュフローは毎月のように良くなったり悪くなったりする可能性がありますので、売上を予測できるようにしておく必要があります。
また、小規模な事業においては、予算は厳しく費用を抑えなければならないのですが、一方、成長していくために必要なものは多くあります。」

■複数のサービスを評価した結果と友人の推薦がZoho CRM採用の決め手!
Zoho CRMを導入した経緯について、Juanさんは次のように述べています。

「Google Apps MarketplaceでCRMを探していたところ、Zoho CRMを見つけました。並行して、セールスフォース、SugarCRM、infusionSoft、その他のサービスも評価しました。評価の結果と、友人からの推薦を踏まえてZoho CRMを選びました。

維持費がかからず、必要な時に必要な分だけ支払えば良いため、どんな事業でもZoho CRMを利用することができるでしょう。」

■用途は様々…見込み客や商談の管理からタスク管理、メールの自動化まで
現在、同社では4名の社員がZoho CRMを利用しています。すでに1年以上利用しており、見込み客の登録、見込み客から連絡先/商談への転換、商談の登録/フォローアップ、商談のレポート、メールの自動化、タスク管理など、様々な用途に利用しています。

Juanさんは次のように述べています。

「一番いいのは、私達がやりたいようにZoho CRMをカスタマイズできることです。」

■Zoho CRMなしでは…
同社の営業部長、David Orozcoさんは次のように述べています。

「Zoho CRMなしでの営業活動を想像することができません。」

また、Juanさんも次のように述べています。

「Zohoによって営業のプロセスが変わり、今ではよりしっかりしたプロセスを確立できています。リアルタイムの情報を得られるようになり、当月の売上や収益を予測できるようになりました。
これにより、営業チームの生産性が向上し、収益性の高い商談に注力できるようになりました。レポートを作成して、重要な情報をさらに細かく分析するためにエクスポートすることも可能です。
また、Zoho CRMのおかげで、以前よりも顧客に対して速く回答できるようになりました。」

素晴らしいですね!Juanさんのように、最適な営業プロセスを作り上げたい方、ぜひZoho CRMをお試しください!

■GDLsystems社について
GDL Systems社は、メキシコのハリスコ州のグアダラハラにあるIT企業です。同社のCEOであるJuanさんは、ITの分野で12年仕事をしていた経験があり、2008年に同社を設立しました。同社では、中小企業に対するWebアプリケーションやシステムの提供を行っています。具体的には、Eコマースの開発、Webページ制作、Webアプリケーション開発、オンラインマーケティングなどの事業を行っています。

関連情報はこちら↓

なお、このブログは、英語版の    Zoho Blogs の記事翻訳・加筆・修正したものです。
元の記事:   Make your sales happen with Zoho CRM for Google Apps – GDLsystems.com

PAGE TOP