3つの企業と3つの要件、でも解決策は1つ:Zoho CRM


今回の記事では、

クラウド型顧客管理・営業支援サービス「Zoho CRM」

の活用事例をお届けします!


次の3つの企業の事例です。これらの3つの企業はそれぞれ次のようなサービスを探していました。



  • ALTUS Wealth Solutions





    セールスフォースの利用料金が高いため、代わりとなるサービスを探していました。




  • Anderson Sales Advantage

     




    セールスのトレーニング用に、簡単に使えるCRMを探していました。




  • JetHub





    各地に散らばっている従業員が、セキュリティーを保ちつつオンラインで利用できるCRMを探していました。


最終的に、これらの企業はすべてZoho CRMを選びました



それぞれの成功事例の詳細は次のとおりです。







■ALTUS Wealth Solutionsの事例




ALTUS Wealth Solutionsは、政府に登録されている投資顧問の会社です。資金計画に特に強みを持っています。膨大な数にのぼる見込み客や金融関係の同業者、その他の個人や組織に関する情報を管理するのにZoho CRMを利用しています。







同社は、公認投資コンサルタントであるジョン・バージャー(John Buerger)氏によって運営されています。バージャー氏は、Zoho CRMのライセンスやシステムの管理を自分一人ですべて行っています。







2008年、バージャー氏は、Zoho CRMのサービスが成熟してきて品質が向上してきたと感じ、ALTUSで利用しているシステムをセールスフォースからZoho CRMに移行しました。Zoho CRMに移行する決め手となったのは、ALTUSがメールサーバーとして利用しているGmailとの連携機能でした。







バージャー氏は、Zoho CRMを自社のニーズに合わせてカスタマイズしています。例えば、「取引先」を「世帯」に、「連絡先」を「個人」にしています。また、請求書の発行やレポート機能を利用しています。







詳細については、

ALTUSにおけるZoho CRMの活用事例のページ
(英語)
をご参照ください。







「Zoho CRMを利用する前は、セールスフォースを利用していましたが、セールスフォースが提供している機能に比べてその料金は高すぎると感じていました。私の場合、Zoho CRMでできることと、セールスフォースでできることを比べても、セールスフォースの方が勝っている点は特にありませんでした。






 それにも関らず、Zoho CRMはセールスフォースの数分の一の料金で利用できます。セールスフォースに月に$100かかるところ、Zoho CRMでは$15です。1年で$1,000以上を節約できています。」







John Buerger, 



ALTUS Wealth Solutions 







■Anderson Sales Advantageの事例




Anderson Sales Advantageは、営業のコーチングとトレーニングを提供している会社です。Zoho CRMの導入支援も行っています。同社の顧客のほとんどは、CRMサービスを利用したことがなく、営業のパイプラインやリード・見込み客の管理の経験がありません。CRMサービスの利用自体も初めてですし、プレセールスやポストセールスの営業活動のプロセス管理も初めてです。







同社の顧客の個人や企業は、見込み客や既存顧客の管理に、それぞれ異なった用語や方法を利用していました。同社の社長であるアンダーソン(Anderson)氏はZoho CRMの柔軟性の高さを評価しています。







詳細については、

Anderson Sales AdvantageにおけるZoho CRMの活用事例のページ 
(英語)をご参照ください。








「顧客向けのトレーニングに利用するため、顧客が自分で簡単に設定できて使い方を学べるようなCRMシステムを探していました。Zoho CRMはこれらの条件をすべて満たしていました。また、個人事業主や起業家が利用することを考えると、利用料金が素晴らしかったです。


 



 以前はセールスフォースを利用していましたが、Zoho CRMはそれに匹敵すると感じました。利用料金ははるかに良いです。」







Teddy Anderson, 



President, Anderson Sales Advantage





■JetHubの事例




JetHubは、アメリカを中心とした世界中の7,000の空港間で飛行機のプライベートチャーターのサービスを提供している会社です。世界中の拠点で働いている従業員が、セキュリティーを保って顧客情報を管理するため、Zoho CRMが利用されています。







JetHubでは、この業界特有のオンライン見積もり機能をZoho CRMと連携させています。Zoho CRMをカスタマイズして、見積もりシステムで利用する業界特有のレイアウトに似せています。結果として、JetHubでは、オンライン見積もりのサービスを止めることができ、コストを削減することができました。







また、Google AppsとZoho CRMの連携機能を利用しています。







詳細については、

JetHubにおけるZoho CRMの活用事例のページ 
(英語)をご参照ください。












「JetHubは、完全にバーチャルな企業です。Zoho CRMでは、クラウドベースのシステムなので、異なる拠点間の従業員が同じシステムを利用できます。ユーザーごとにアクセス権限を設定でき、従業員の情報を保護できます。







セキュリティーを保つことができるので、本来ならば情報流出などの際にかかり得る費用をかけずにすんでいます。」







Kevin Lippert, 



President, JetHub 








今回ご紹介する事例は以上です。



これらの企業に続く成功事例をお待ちしています!





■関連情報

なお、このブログは、英語版のZoho Blogsを翻訳・加筆・修正したものです。
元の記事: Three Different Businesses. Three Different Requirements. One Solution: Zoho CRM


PAGE TOP