オンラインミーティングの予定をヌケモレなく管理!Zoho ミーティングの便利な予定管理機能を紹介します

ミーティングの予定がたくさんあると、忘れずに管理していくのは大変ですよね

クラウド型デスクトップ共有サービス「Zoho ミーティング」では、
遠隔でパソコンの画面を共有するための基本機能だけでなく、ミーティング予定の管理に役立つ機能も備えています。

具体的には次のような機能です。

  • ミーティングの予定の管理
  • 連携しているカレンダーサービスへの予定登録
  • 参加者に予定の詳細を通知するための招待メールの送信
  • 開始前に忘れないようにリマインダーのメールの送信


以下、もう少し詳しく説明していきましょう。

Google カレンダーと連携
Google カレンダーとの連携を有効にすると、Zoho ミーティングで予定を登録する際に自動でGoogle カレンダーに予定が登録できます。Zoho ミーティングで予定を変更すると、Google カレンダーの予定も自動で変更されます。

Zoho カレンダーと連携
もちろん、Google カレンダーのみでなく、Zoho カレンダーとも連携できます。初期設定では、Zoho カレンダーに自動でミーティングの予定が登録されるようになっています。

なお、これらの操作は、「設定」画面から設定できます。

MS Outlook&その他のカレンダーアプリケーションと連携
予定の詳細のファイル(.ics形式)をダウンロードし、任意のアプリケーションに予定を登録できます。
例えば、MS Outlookに予定を追加することが可能です。

ics形式に対応しているアプリケーションであればどのアプリケーションにでも追加できます。

ミーティングの招待メールの不着通知
ミーティングの招待メールを送った際に、メールアドレスの間違いや宛先のメールサーバーの問題などで招待メールが宛先に届かずに戻ってきた場合、届かなかったことが通知されます。この通知は、Zoho ミーティングに組み込まれているチャットボックスから確認できます(右図参照)。

リマインダーメールの送信
忙しい時はミーティングの予定を忘れがちになってしまいます。そんなときのために、Zoho ミーティングではミーティングのリマインダーを設定できます。リマインダーのメールの送信のタイミングは、選択可能です(例:定刻、2分前、15分前、1時間前、1日前)
この機能を使えば、参加者が忘れずに参加できます

予定管理も便利なZoho ミーティング、ぜひご利用ください!





■関連情報




なお、このブログは、英語版の





Zoho Blogs


を翻訳・加筆・修正したものです。


元の記事: 
Track your Meetings from Soup to Nuts

PAGE TOP