Zoho Sheet機能追加!マウスを使った2つの便利機能

先日、Zoho Sheetのアップデートを行い、パフォーマンスを改善し、大きなシートも作成できるようになりました(1シート当たり65,536行/256列、1ファイル当たり100万セルまでサポート)。これはアーキテクチャの変更を伴うマラソンのような大変な作業でした
晴れてこの作業が終わり、Zoho Sheetチームはスプリント走のような態勢に入っています より便利に利用できるようにするための機能をどんどん開発しています。今回のアップデートでは、マウスを使った2つの便利な機能を追加しました。
■セルのドラッグ&ドロップ
マウスでカット&ペーストの操作が行えるようになりました。
選択したセルの範囲の縁にマウスを置くと、マウスのカーソルが移動用に変化します()。該当のセルを移動先までドラッグしてドロップすると、セルが移動します。
選択したセルを移動するのではなく、コピーしたい場合は、「Ctrl」キーを押しながらドラッグ&ドロップすると、移動先に内容がコピーされます。
操作を途中でキャンセルしたい場合、「ESC」キーを押せばキャンセルできます。
■別のシートへの参照
同じファイル内の別のシートへの参照は現在でも可能ですが、以下のように手で入力する必要がありました。
   [シート名].[セルの場所](例:シート1.A5)
ただ、この方法では、たくさんのシートから参照しなければならない場合に手間がかかっていました
そこで、シート間を移動しながら参照先を設定できるようにしました。画面下部のシートのタブをクリックして参照先のシートに移動し、参照先のセルを選択した後、「Enter」キーを押せば操作が完了します。
※別のファイルへの参照はまだ開発中です。今しばらくお待ちください。
上記の2つが今回追加した機能です。いずれも便利な機能ですのでぜひご活用ください!
その他、バグの修正も行いました。またアップデートがありましたらお知らせします。お楽しみに!
Zoho Sheetのサービスページはこちら

Comment

  • Trackback are closed

  • Comments (0)

  1. No comments yet.

PAGE TOP