離れた場所から同僚のパソコントラブルを解決!Zoho アシスト事例


今回の記事では、遠隔から相手のパソコンを見ながらサポートできるサービス「Zoho アシスト」のユーザーの声をお届けします。

ご登場頂くのは、Mecklenburg CountyでITのサポート業務を担当しているSteven Arantさんです。Arantさんは、ITに関するサポートを同僚に対して行っています。問題が何か起こると、以前はオフィスの中を走り回って対応に追われていました。

当初は、離れた場所からもサポートができるようなアプリケーションを使っておらず、仕事が大変でした。また、Arantさんが大変なだけでなく、同僚の人は、Arantさんが来るまで待つ必要がありました。ある時、Arantさんは、この状況を変えて、もっと楽にサポートができるようにしようと考えました。

そこで、Googleで検索し、Zoho アシストを見つけました。Zoho アシストを使えば、メールアドレスで同僚を招待するだけで、簡単に相手の画面を見ながらリモートでサポートでき、問題を素早く解決できることが分かりました。これが分かった時、Arantさんは興奮したそうです


Arantさんのコメントをご紹介しましょう。

20秒もかからずに、相手のパソコンの画面につながることができます。デスクトップにメールアドレスの一覧を保存してあるため、リモートサポートのセッションを開始する際は、それらをコピーしてZoho アシストの画面に貼り付けて招待するだけです。同僚をすぐに手助けできます。また、離れた場所にいる契約社員についても、わざわざオフィスに来てもらわなくても手助けできるようになりました。

最近あった例をご紹介しましょう。外部の契約弁護士が、ある証拠書類を開いて閲覧しようとしていました。DVDだったのですが、動画のプレーヤーがついていました。ただ、これをインストールして利用するのはとても難しかったのです。動画を見るために当社のオフィスに来てもらうところでしたが、私が離れた場所から問題を解決することができました。その弁護士は、彼が担当する裁判が翌日から始まる予定だったため、とても喜んでいました。

同僚は、コンピューター・マジックだと呼んでいます。私も同じように感じています。時代遅れだったオフィスに新しく生産性の高いやり方をもたらしてくれました。Zohoには、年間115ドル支払っていますが、その価値はあります。料金は私のポケットから出しています。これは、より良いサポートを提供したいと考えており、Zohoがその手段を提供してくれたからです。

いかがでしたか?

Zoho アシストを使えば遠くにいる人のパソコンの画面を確認したり遠隔操作したりできます。
実家の母親のパソコントラブルを解決することだってできます。

ぜひご活用ください!

■関連情報

なお、このブログは、英語版の Zoho Blogs を翻訳・加筆・修正したものです。 
元の記事:  Zoho Assist: Remote IT Support Made Simpler

PAGE TOP