Zoho CRM新機能紹介:CRMで通話記録を管理しよう!

こんにちは、先週に続いて、またまたZoho CRM新機能についての紹介です!

とはいうものの、機能がリリースされた時期で言うと、「Zoho CRMとZoho Writerの統合」→「Zoho CRMとZoho Creatorの統合」→「通話記録機能の追加」・・・と、ブログで紹介されている順に遡っていってます・・・^^;

ですが、この通話記録機能だって今年リリースされた立派な新機能!このまま紹介せずに放っておくのも腑に落ちない・・・!ということで、遅ればせながらも記事を書くことにしました

通話の記録

では、そもそもどうして、「通話の記録」なんていう機能が追加されることになったのでしょうか?実は、この機能も以前の記事(Zoho CRMとZoho Writerの統合)で紹介したように、ユーザーサイドから要望が上がってきた結果、実現化した機能なのです!

それまでは、Zoho CRMにもともとついていた「メモ」機能なんかを代用していた方もいらっしゃるようです。でも、これでは普通のメモと通話記録のメモがごっちゃになってしまって、扱いづらいですよね・・・。そういうわけで、開発サイドはこのような不便を解消するべく、今回のリリースに至りました

機能

この「通話の記録」機能を使えば、

・通話時間を記録しておいたり
・電話がかかってきた日時を記録しておいたり
・その他のメモをとっておいたり・・・

ということが、とっても簡単に行えます♪
もちろん、特定の個人データ(連絡先)に追加した記録は、その他の関連データ(取引先、リードなど)にも自動で付加されますので、データ整理にかける手間を省けます☆

画面上にはタイマーが設置されているので、ユーザーの皆さんは通話の開始時と終了時に「ポチッ」とボタンを押すだけ。簡単に通話記録を作成できてしまうのです
また、通話料が請求できる電話には、クリックひとつで印が付けられます☆

活用

上記のような「通話の記録」機能を活用することで、営業コールに関するデータを正確に管理できます。

例えば、とった記録をレポートにして、

・通話料金の詳細を調べたり
・通話にかけている平均的な時間(毎日/毎週etc.)を割りだしたり
・一日にかかってくる(かけている)電話の平均回数を調べたり・・・

ということに活用できますね☆

さぁ、この「通話の記録」機能。実は、Zoho CRM全てのプランで使用できます!
ということは…、こちらから無料版にユーザー登録して、今すぐ使うことができるんです
興味のある方は、ぜひ!

(ゾーホージャパン:本田)

PAGE TOP