Zoho CRM導入事例:マーケティング会社で「年間12万ドルの利益増」、流通会社で「年間4万5千ドルのコスト削減」



Zoho CRMはさまざまな業界で利用されています。日用品、IT、金融、航空などなど…



今回の記事では、Zoho CRMがマーケティングと流通の分野でどのように役立っているかをご紹介します








■マーケティング会社でのZoho CRM活用事例






T3 Direct

社は、メールマーケティングやテレマーケティングなどのリード(見込み客)獲得のソリューションを提供する会社です。







T3 Direct社では、顧客管理のデータベースや営業関連の活動でそれぞれ別のシステムを利用していました。担当者は、複数のシステムでデータを更新しなければならず、データは混沌とした状態になっていて、管理するのが大変でした。







Zoho CRMの導入により、この問題が解決されました。

Zohoに移行後、顧客の維持率が向上し、収益も向上

しました。また、タスクの自動化などにより、年間2万2500ドルのコストが削減できました。







T3 Direct社は、収益向上とコスト削減をあわせて、

Zoho CRMの導入によって得られた利益は年間12万ドル

にも及ぶと考えています。それに加え、顧客維持率の向上やキャッシュフローの改善によって年間4万ドルの利益が得られていると考えています。







さらに、以前はさまざまなシステムをつなぎあわせて利用していたため、効率が悪く、エラーも発生しがちでしたが、Zoho自体に組み込まれている連携機能を利用することで、エラーが減少し、効率も向上しました。







T3 Direct社のマーケティング部長、Jonathan Mason氏は次のように述べています。


「すべての顧客関連の活動をしっかり確認することができるようになりました。これにより、どのリードの獲得に最もコストがかかっているか、どのキャンペーンが最も生産性・収益性が高いかを判断できるようになりました。また、顧客の市場についてリアルタイムで統計情報を確認できるようになりました。」




詳細については、

T3 Direct社におけるZoho CRMの活用事例のページ

(英語)をご参照ください。



なお、T3 Direct社は、

Zoho CRMの活用についての動画

も作成しています。








■流通産業でのZoho CRM活用事例




TECO社
は、流体や運動制御関連の製品を一通り取り扱っているサプライヤーです。Zoho CRMの導入前も顧客管理用のシステムを利用していましたが、あまり使われていませんでした。このため、経営陣の戦略的な判断に役立つような情報を得ることができませんでした。






そこで、簡単に顧客情報を登録でき、顧客とコミュニケーションをとるのに役立つシステムを探していました。この条件に合致したのが、Zoho CRMとGmailとの連携機能です。TECO社のスタッフは、顧客情報を1カ所に集約して簡単に参照できるようになり、顧客により良いサービスを提供できるようになりました。







さらに

、以前のシステムに比べてコストは4分の1になり、年間4万5千ドルのコスト削減

につながっています。







TECO社の社長であるKarl Anderson氏は次のように述べています。


「Zoho CRMは、競合のサービスより優れていて、コストも75%低いです。システムの利用者は3倍に増えました。また、ViWo社(※)によって行われたシステム移行は完璧でした。」




その他にもZoho CRMを導入したメリットがあります。詳細については、

TECO社におけるZoho CRMの活用事例のページ

(英語)をご参照ください。









※ViWo社について




Virus Woman Inc. (ViWo)社は、Zohoのパートナーであり、TECO社向けにZoho CRMの導入を行いました。











■関連情報 



なお、このブログは、英語版の



Zoho Blogs


を翻訳・加筆・修正したものです。


元の記事: 

Zoho CRM Case Studies in Marketing and Distribution Industries







PAGE TOP