八百屋さんでZoho CRM導入!?ちょっと変わった導入事例の真相…



Zoho CRMを導入してくださった八百屋瑞花さんホームページトップの画像です)



いつも

Zohoサービス

をご愛顧いただき、ありがとうございます☆

本日は、ちょっと変わった

Zoho CRM

の事例をご紹介したいと思います。

普通、「CRMを導入する」と言えば、会社の経営者やシステム担当者、事業長などが顔を付き合わせて


「これだけの作業効率化が見込める」

とか


「システムの不具合は起きるだろうか」

とか


「コスト削減の目処は…」


などと議論を重ね、いくつかのサービスを比較検討していく…という難しいイメージがありますよね。

まぁ、あくまでもイメージですが…(^^;)

しかし、今回伺ったところでは、ずいぶんと事情が違っていました。

まず、

導入者があまりCRMという言葉を意識せず、そもそも導入する気が無かった

からです。

「気がついたら導入していた」という表現が、近からずも遠からじ、といった不思議な状況…。

「そんな事ってあるの?」と思いますよね。もちろん、導入したからには、作業を行った人がいるわけで、それが第三者(コンサルタントさん)だったという事情があるのです。

なので、ご本人はあまりCRMに慣れていないという事だったのですが、実際にお話を伺った筆者は、「もっと使いこなせば色々と役に立てるかも…」と思いました。それもそのはず、よく考えてみると

CRM(顧客管理)は、商売をする人なら誰でも実践しているはず

なのです(方法はそれぞれですが)。

Zoho CRM

は、それを補助するITツールということになります。

ということは、

大企業も個人経営も関係ない!

ですよね。今まで自力で行なっていた作業にITの力をプラスして、それで経営が楽になっていくのであれば、誰でもどんどん導入すべきです。

という事で、今この記事を読んでいるあなたも、少しは関係しているかもしれませんよ


この記事が、少しでもお役に立てれば幸いです☆

写真に写っているのが、東京都新宿区で八百屋瑞花を営む矢嶋文子さんです。

お肌ツヤツヤで笑顔が素敵な矢嶋さん。もともとOLだったという彼女は、2年半程前に八百屋さんを開業したとのこと。

「なぜ八百屋さんを?」という筆者の疑問に対して、「自分の体質を改善するためには、良い野菜を摂る必要があると思ったんです。人の体って、その人が食べたもので出来ているんですよね。」と語ってくれた言葉が印象的です。(既に書きましたが、矢嶋さんは本当にお肌がツヤツヤだったので、たいへん説得力があると思った筆者でした。)

さて、そんな彼女は、ある時知人のつてでITコンサルタントをやっている方と知り合いました。当時は無料で運営していたお店のホームページですが、そのコンサルタントさんに頼んでちゃんとしたものを運営することにしたそうです。

当日、同行してくださったコンサルタントさん(※1)にお話を伺うと「野菜の注文をWebサイトから受け付けるためのフォームを作る際、

いずれは顧客管理が必要になるだろう

と思って、Zoho CRMのWeb-to-フォーム(※2)を利用したんです」とのこと(そのフォームを埋め込んだWebページが

こちら

)。

※1 イシン株式会社の代表取締役、大木豊成氏。イシン株式会社さまでは、Zoho インボイスをご利用いただいるというご縁もあり、以前事例記事でもご紹介致しました!


※2 Web-to-フォーム:Zoho CRMでは、注文やお問い合わせをWebサイトから受け付けるためのフォームを作成できます。これをWeb-to-フォームと呼んでいます。受け付けたデータは、そのままZoho CRMに登録されるので、面倒な作業が省けるのです!

矢嶋さんも、「この人が言うなら」という信頼のもと、Zoho CRMの導入に至ったということでした。それまでは、ごく普通にエクセルにデータを貯めこんでいく方法を考えていたそうです。



(取材中やってきたお客さまの対応を行う矢嶋さん。毎回、様々な話題で会話が弾みます。)

「顧客データについては、どこまで自分で集約できているのか、不安に感じています。

顧客リストがちゃんと管理できていないということは、きちんと広報ができていない、という事

ですよね。」

と語る矢嶋さん。実は、野菜販売の他にも、「手前味噌を造る会」などのイベントも開かれているそうです。そんなイベント情報を、Zoho CRMに登録してある顧客宛てに送信できると良い、ということでした。また、

「この人は野菜にすごく興味があるけれど、お味噌にはそれほど興味がない…など、

顧客データをターゲット別に分けて管理できると嬉しい

です。」

とも語ってくれました。



どちらも、Zoho CRMで実現できそう…!

」と思った筆者。さっそくZoho CRMの活用法を提案することにしました。

さて、今後Zoho CRMがどのくらい八百屋瑞花さんに貢献できるのか。

同じようなニーズを抱える人たちにも役立ててもらえるよう、便利な使い方を模索し、ブログ等でも公開していきたいと思います☆



(瑞花の看板。お話を聞いているうちに暗くなってしまい、夜の写真っぽくなってしまいました…^^;)


八百屋瑞花

旬のお野菜を取り扱っている八百屋さんです。

店内はコンパクトに整っていて、美味しそうな野菜がずらり。心地よいBGMが流れています。

  • 体操教室へ行くついでに野菜を選んで行く奥さま
  • ハガキを出すついでに鍋の食材を買い求める主婦
  • ベビーカーを押してやってきて、戸口でにんにくを受け取っていく若いお母さん
  • 母親のお買い物についてきて、店内を興味深げに探索する1歳半の坊や……

などなど、自由なお客さんがたくさんやってきます。

リラックスして楽しい雰囲気のお店でした!

【関連URL】


おまけ

実は、野菜好きの筆者は取材のあと色々とお買い物をして帰りました(^^;)

美味しそうな蓮根、そして人参。

煮付けるとたいへんホクホクしてGoodでした☆

あとブロッコリーも。

茎まで蒸して、マヨネーズをかけて食べましたとさ!

おしまい

PAGE TOP