大江戸ぞうほうCRM物語(五):お両さん、ITに目覚めた!「Webサイトに登録フォームを埋め込みたい」

 

———————————————————————————————————————

若葉の巻(五)

初級編。Zoho CRMの無料プランを使ってできることまとめます。

———————————————————————————————————————

舞台はエド時代の大江戸町。

呉服屋ぞうほうで働くお両さんが、CRMと出会って開眼してゆく予定..

※「なんで江戸?」「どうしてよりにもよって呉服屋?」という疑問は黙殺してくださいm(_ _)m

———————————————————————————————————————

(お両)
呉服屋ぞうほうの奉公人。Zoho CRMが使えた事で、ちょっとITに自信を持ち始めた。
Zoho CRMが天竺(インド)で作られたと知ってから、天竺に憧れている。

(清衛門)
呉服屋ぞうほうの店主。前回のお話で先祖が天竺(インド)から渡来したと明かされた。
眼鏡を取ったら意外と顔つきが濃いらしい。

(松ノ介)
呉服屋ぞうほうの番頭。初回はZoho CRMの導入に反対していたが、最近はそうでもないらしい。
Zoho CRMに呉服屋ぞうほうのロゴが登録されてからは、愛着を抱いている。

———————————————————————————————————————

【ある日の夕方。閉店後の呉服屋ぞうほう。】松ノ介:ふぅ..戸締りの作業が終わった…。おや、だんなさま、何を読んでおられるのですか?

清衛門:おぉ、松ノ介や。これは、わしが子供の頃、ひい爺さんによく読んでもらった『極楽天竺カレー三昧物語:毎日三食カレー道中膝栗毛』じゃよ。懐かしいのぅ。

松ノ介:…聞いたことの無い物語ですね。ところで、お両は何をしておるのだ?

お両:はい、清衛門さん。私は今、呉服屋ぞうほうのホームページにZoho CRMのWeb-to-見込み客フォームを埋め込もうとしています。

清衛門:…(こちらはこちらで、意味が分からん..。店内の片づけでもするか。)


お両さんの豆知識

Zoho CRMの「Web-to-フォーム」とは、Webページに取り付けられる「窓口」のようなものらしい。

お客さまが自分でWebフォームに入力して、「送信」ボタンを押すと、そのデータはZoho CRMの中に入っていく。

Web-to-フォームには3種類あるらしい。

  • Web-to-見込み客フォーム →「見込み客」タブにデータが入っていく
  • Web-to-連絡先フォーム →「連絡先」タブにデータが入っていく
  • Web-to-問い合わせフォーム →「問い合わせ」タブにデータが入っていく

お両:(今はZoho CRMの「連絡先」タブしか使っていないから、「Web-to-見込み客フォーム」を埋め込んで呉服に興味がある人のデータを集めよう…)

まず、Zoho CRMの画面右上にある「設定」リンクをクリックし、「Webサイト連携」の「Web-to-見込み客フォーム」をクリック…と。

お両:「新しいフォーム作成」ボタンをクリックしたら、次の画面で必要事項を入力し、「保存&次へ」をクリック…

お両:すると、次のページで呪文のような文字が現れるので、全部もれなくコピーして…と

お両:あとは、呉服屋ぞうほうのホームページHTMLに、コピーしたコードを張り付けて、サイトを更新するだけ。

(※黄色い部分がWebフォームのHTMLコードです。)

お両:出来た…♪

———————————————————————————————————————
【その後…】

お両:では、お先に失礼します。

松ノ介:おや、お両。今日は「呉服屋ぞうほう瓦版」の購読者を募集する外回りには行かんのか?

お両:はい、行きません。私はITに目覚めました。これからは、Webフォームで瓦版の購読者を募ります。

清衛門:お両や、なんだか張り切っておるの。何処かへ出かけるのか?

お両:はい。仕事が早く終わったので、ちまたで人気の温泉、「梵天の湯」へ行って足腰休めようかと思います。

清衛門:(ぼ、梵天の湯…!なんてありがたい名前じゃ…。)

松ノ介:…(温泉に行きたくて熱心に作業していたのか。)

ということで、呉服屋ぞうほうではZoho CRMのWeb-to-フォームの活用がはじまりました。

後になって「WebフォームはHTMLコードを記述できる所ならどこでも埋め込める」と気付いたお両さんは、
ホームページ以外にも「ブログ記事」や「Facebookページのタブ」など、アクセス数が多そうな所に
あちこちフォームを埋め込んだそうです。

———————————————————————————————————————

◆「Zoho CRMにさっそくユーザー登録してみたいなぁ」という方は、下のボタンから
ユーザー登録画面へ進めます☆

———————————————————————————————————————
【大江戸ぞうほう CRM物語:もくじ】

◆若葉の巻
(一)お両さん、ITに挑戦。「お客さまのリストを上手に管理したい」
(二)お両さんがハマった。「呉服屋にぴったりのCRMにカスタマイズしたい」
(三)お両さんの工夫。「お客さまを”好み”によって分類したい」
(四)お両さん、スランプ?「Zoho CRMの色を変更してみよう..」
(五)お両さん、ITに目覚めた!「Webサイトに登録フォームを埋め込みたい」
———————————————————————————————————————
 
営業の強化書セミナー・定期開催中

Comment

  • Trackback are closed

  • Comments (0)

  1. No comments yet.

PAGE TOP