大江戸ぞうほうCRM物語(梅一):お両さん、効率を重視する。「瓦版を一括配信したい」


———————————————————————————————————————

梅の巻(一)

中級編。Zoho CRMを使いこなすためのヒントが満載。

Zoho CRMのプロフェッショナルプランの機能もちょっと出てきます。

※基礎をしっかり押さえたい人には、『若葉の巻』という初級編もあるらしい。

———————————————————————————————————————

舞台はエド時代の大江戸町。 

呉服屋ぞうほうで働くお両さんが、ひょんなことからZoho CRMと出会い、今ではかなり使いこなしています。

※「何で江戸?」「どいうしてよりにもよって呉服屋?」という疑問は、あまり持たない方がいいらしい..

——————————————————————————————————————— 

(お両)

呉服屋ぞうほうの奉公人。Zoho CRMの活用により、自分の雑務をどんどん減らしている。

仕事が早く終わると「梵天の湯」という温泉に出かけるらしい。

(清衛門)

呉服屋ぞうほうの店主。ITに苦手意識を持っていたが、お両の指南でZoho CRMを覚えた。

Zoho CRMを使って松ノ介の縁談管理をしているらしい。

(松ノ介)

呉服屋ぞうほうの番頭。 最初は反対していたZoho CRMだが、今では愛着を持っている。

お両が何かに熱中すると、店の片づけなどを全部任される。

———————————————————————————————————————

【ある日の夕刻。梵天の湯にて。】

お両:(ゴクゴク…)ぷはーっ。やはりお風呂上がりに飲む牛乳は最高です。これぞ温泉の醍醐味というもの..

女将:お両さん、今日もいい飲みっぷりだね。空き瓶はそこの箱に入れといておくれ。後で一括で持っていくよ。

お両:一括ですか。それは、効率が良さそうですね。では、ここに入れておきます。

女将:そうさね、一括はいいねぇ。効率がいいよぅ、まったく!

お両: 
……

【翌朝。呉服屋ぞうほうの店内。】

清衛門:お両や。今日もなんだかZoho CRMに夢中じゃの。

お両:だんさん。私は効率を重視することにしました。今まで一人一人に送信していた「呉服屋ぞうほう瓦版」を一括でメール送信します。

清衛門:なに、一喝で送信とな…!すごいのぅ。

お両:(…確か、Zoho CRMには、「一括メール送信」という機能があったはず。)

(今回は、「見込み客」宛に一括メールを送るので、まずは「見込み客」タブをクリック..


お両:(すると右横に、「

見込み客ツール

」というボタンがあるので、そこから「

見込み客への一括メール送信

」というリンクをクリック。





※タブ名を「メルマガ登録者」などと変更している場合は、「メルマガ登録者ツール」のようにボタンやリンクの名前も変更されるので、注意しよう!

お両:(次のページでは、「

メールテンプレート

(メールの内容)」と「

データ

(メールの送信先)」を選択できるようになっているのね。
まずは、メールテンプレートを作成しよう。


お両:(メールテンプレートの作成方法は、「件名」を入力したり、「本文」を入力したり、基本的に普通のメール作成と同じね…)




※ちなみに、作成したメールテンプレートは、「設定」画面の「テンプレート」>「メールテンプレートフォルダー」から編集したり削除したりできる。

お両:(テンプレートを保存したら、さっきの画面に戻るので、出来たてホヤホヤのテンプレートを選択して…)

お両:(次は、「

データ選択

」画面へ…)

お両:(「

カスタムビューの条件

」を選択…)

お両:(「見込み客」全員に送信したいから、「全ての見込み客」というビューを選択しよう。)

お両:(あとは、メールを送信したいデータにチェックを入れて、「送信」をクリックするだけ。)

お両:(やった。出来た!)

お両:(最近、瓦版の送信先が増えたせいで、配信する気が無くなっていたけど、これなら出来そう…)



お両さんの豆知識


今回利用した「一括メール送信」機能は、「プロフェッショナル/エンタープライズ」プランで使える機能です。

お両さんは、一括メール送信機能を使うために、ちゃっかりと「

Zoho CRMの試用版

」を利用したらしい。


[お詫びと訂正] 現在、試用版の利用範囲には、「一括メール送信機能」が含まれておりません。ご迷惑をお掛け致します。

試用版にすると、Zoho CRMの好きなプランが2週間無料で使えます。試用期間が過ぎると、自動的に無料プランへとダウングレードされるので、そのままにしていても「課金される」などの心配はありません。

 

——————————————————————————————————————— 

【後日談】

清衛門:おや?おかしいのぅ…。お両、お両や。

お両:何ですか、だんさん?

清衛門:お両や、Zoho CRMの「一括メール送信機能」を使っていたのじゃが、「100件中100件にメールが送信された」というメッセージが出てきたのじゃ。



お両:それが何か?

清衛門:わしが選択した「ビュー」には132件のデータが入っておるはずじゃ。100件では算段が合わんのじゃ。

お両:そうですか。それは、一度に表示されるデータ件数が100件までだからです。今、画面上に表示されているのが、残りの32件ですね。

清衛門:
ほぅ。なるほどの。(カチカチッ…ポチッ。)おぉ、出来たようじゃ。

お両:それにしても、だんさん。今日はもう132件も送信してしまったのですね…。Zoho CRMは「迷惑メール」などに利用されないよう、1日の送信件数が250件までと指定されているのです。私の瓦版は、明日送信した方が良さそうですね…。

清衛門:そうか、お両。すまんかった。

お両:ところで、だんさん。何を送信していたのですか?

清衛門:これじゃよ。

お両:もしかして、このメールを「見込み嫁

一覧ビュー

」に登録されているお客さま宛に送信したのですか?

清衛門:いかにも。

お両:なるほど。それで、「送信先」に表示されているお客さまが女性ばかりだったのですね…。

清衛門:その通りじゃ。

お両:(使い方はスマートだけど、このメール文では、ただの迷惑メールに見えるわ。大丈夫かしら…)

ということで、呉服屋ぞうほうでは「一括メール送信」機能の活用を本格的に検討しはじめたようです。

しかし、この事が後ほど、呉服屋ぞうほうに思いもよらぬ波乱を引き起こすのです…!

———————————————————————————————————————

◆「Zoho CRMにさっそくユーザー登録してみたいなぁ」という方は、下のボタンから

ユーザー登録画面へ進めます☆
◆「Zoho CRMについて、質問したいぞ!」という方は、Zohoフォーラムで
質問を投稿してみましょう☆

「Zoho フォーラムってなんじゃ?」という方は、

こちらのページ

より

活用方法を確認してみてね☆

——————————————————————————————————————— 

◆Zoho CRMの試用版は、サービス画面右上のリンクより利用を開始できます。


———————————————————————————————————————


【大江戸ぞうほう CRM物語:もくじ】

◆若葉の巻

(一)

お両さん、ITに挑戦。「お客さまのリストを上手に管理したい」


(二)

お両さんがハマった。「呉服屋にぴったりのCRMにカスタマイズしたい」


(三)

お両さんの工夫。「お客さまを”好み”によって分類したい」


(四)

お両さん、スランプ?「Zoho CRMの色を変更してみよう」


(五)

お両さん、ITに目覚めた!「Webサイトに登録フォームを埋め込みたい」

 

◆梅の巻

(一)お両さん、効率を重視する。「瓦版を一括配信したい」

Comment

  • Trackback are closed

  • Comments (0)

  1. No comments yet.

PAGE TOP