Google Apps アカウントで Zoho にサインイン!

昨年、Google/Yahoo!アカウントで Zoho にサインイン! を実現しました。このGoogle/Yahooアカウントとのシングルサインオンサポートへの反響は素晴らしく、このオプションを利用してZohoにアクセスするユーザは、全体のうちのかなりの割合になりました。今回、Zohoでは、このサインインオプションを Google Apps アカウントにまで展開しました。Google Apps アカウントがOpenIDをサポート(英語ページ) したことで実現したアカウント連携です。大変感謝します!このオプションを利用すれば、ユーザは、Google Apps の認証情報を用いて、Zohoにサインインすることが可能です。


Zoho にサインインする際には、サインインボックス内にある「Google Apps」オプションを選択します。このオプションは、全てのZoho
サービスにてご利用可能です。Google Apps ユーザは、このオプションを選択して、Zoho にサインインすることができます。

 

Google Apps オプションボタンをクリックした後に表示されるサインインページにて、Google Apps ドメイン名を入力すると、Google サイトへリダイレクトされます。ここで
Google Apps 認証情報を使って、Zoho にサインインすることができます。一旦、Zoho アカウント(accounts.zoho.com)にてアカウント認証されれば、その後は Zoho に直接サインインすることが可能になります。


Google Apps アカウントを使って初めて Zoho にサインインする際には、Zoho ユーザ名を指定する必要があります。このダイアログは、最初のサインイン時のみ表示されます。



このZoho と Google Apps のアカウント連携によって、企業ユーザは、Google Apps と Zoho ビジネスアプリケーションをシームレスに利用することが可能になります。

オフィスツールなどの生産性向上サービスやメールサービスなど、Zoho には Google と競合するオンラインサービスがいくつかあります。さらに Zoho は、Google Apps にはない広範囲のビジネスアプリケーションも提供しています。Zoho CRMZoho InvoiceZoho MeetingZoho ProjectsZoho Creatorなどの多様なZohoビジネスアプリケーションがその例です。現在、100万を超える企業が Google Apps を利用していますが、既存の Google Apps 認証情報を使って Zoho にサインインすることで、これらの企業は Google Apps にはない多様なビジネスサービスをはじめ、全 Zoho サービスのシームレスな利用が可能になります。

全ての Zoho ビジネスサービスには、無料版
を用意しています。(※無料版は、試用版ではありません。機能や使用容量等を一部制限した無料版サービスです。)

現在、Google Apps をご利用中で、ビジネスで利用する SaaS ソリューションをご検討中の方は、是非、Zoho サービスへシングルサインオンの上、サービスを試用してみてはいかがでしょうか。


■Zoho(ゾーホー)日本語サービスページ: http://www.zoho.jp/

なお、このブログは、米国本社(ZOHO Corporation)のZoho Blogsを翻訳・加筆したものです。
元の
記事(2009年8月27日投稿)はこちら(翻訳:ゾーホージャパン、清水)

Comment

  • Trackback are closed

  • Comments (0)

  1. No comments yet.

PAGE TOP