Zoho インボイスでキャッシュフローを改善&面倒な請求処理の時間を節約:Zoho インボイス事例

今回紹介するのは、スコットランドのWeb開発企業、SAMTEQ社におけるZoho インボイスの活用事例です。SAMTEQ社は成長中の企業であり、専任の経理部門を持っておらず、自分達で請求書業務を処理しなければなりませんでした。Zoho インボイスの導入により、そうした手間を大きく節約できるようになりました。Zoho インボイスがどのような効果をもたらしているのか、Sam Coley氏に伺いました。

Zoho インボイスのことをどのように知ったのですか?
Google検索です。「オンライン請求書システム」(online invoice system)と検索している時に見つけました。無料試用ができることが目をひきました。

以前使っていたソフトウェアはどのようなものですか?
Zohoを導入する前は、Webで見つけたテンプレート(マイクロソフトのアクセス)を使っていました。うまくいってはいましたが、動作が重く、時間がかかっていました。また、周期的に請求処理を行え、請求書の作成、発行を漏れなくできるようなシステムが必要でした。

なぜ切り替えを決めたのですか?
Zoho インボイスに切り替えたのは、Zohoには必要としている機能がすべてあり、価格もとても手頃だったからです。使い始めてから数カ月経ちますが、キャッシュフローを改善し、時間を節約できました。利用する価値がとても大きいです。

Zoho インボイスはどのような点で役に立っていますか?
SAMTEQの請求書関連の業務において、Zoho インボイスを見つけたのは非常に大きかったです。面倒な作業を自動化できました。新しい請求書を作るのも簡単です。最初に試した時も、設定がとても簡単で直感的だと感じました。いくつか疑問がありましたが、フォーラムやメールのサポートで解決できました。

通常、当社では、まず導入・設定の料金を請求し、その後、継続的にサービスの料金を請求します。また、請求処理を行うのは、仕事が完了し、顧客の承認が得られた後です。このため、移動中に請求書を送付することもあるのですが、iPhoneアプリがあるのでこれも簡単に行えます。本当に満足しています!

また、継続的に請求する場合、少額の請求や支払いのフォローなどをよく忘れることもあり、問題になっていました。Zoho インボイスによって、周期請求の処理を自動化でき、また、少額の支払いも簡単に受け取れるようになりました。Zohoの導入によって、以前より早く支払いを受け取ることができるようになりました。

仕事以外の生活をどのように過ごしていますか?
事業を続けていくと、時間がどんどんなくなっていきますが、週末には水辺に出かけたり、ゴルフを楽しみたいと考えています。また、夜にはいつも映画を見ています。

SAMTEQ社について
SAMTEQ社は、スコットランドのWeb開発会社です。Sam Coley氏(当時なんと16歳!)により、2009年に設立されました。成長を続け、Web開発会社として成功をおさめています。スコットランドを中心に、イギリス全体やその他の地域の中小企業に対してWebソリューションを提供しています。特に、ユニークな自社開発のCMSシステムによって、簡単にWebサイトを管理できるソリューションを提供しています。

Zoho Invoiceは見積書・請求書を月に5通まで無料で利用できます。ぜひお試しください! 
ユーザー登録はこちらから! 

PAGE TOP