【Zoho インボイスのツボ】「国名」などのいらない表記をZoho インボイスのテンプレートから消す方法☆


先日の記事

で、いよいよ見積書を作成するところまで行きましたね♪

まぁでも、作った見積書は相手に送ってこそ意味があります。

クラウド上にデータをおきっぱなしにしていても、意味が無いですよねー

ということで、さっそく作った見積書をPDFで出力してみましょう〜♪♪

Zoho インボイスで見積書を開いたとき、画面右横に「PDFとしてエクスポート」というリンクがあります。

ここから、PDFに出力してもいいのですが、せっかちな人は見積書一覧の画面からも出力できます↓

さぁ、PDFで出力できました☆

いいですね〜

…って、

ちょっと待てーー!!!

なんか、左端にある自社の住所記入欄に、ご丁寧に「

日本

」って出とるー!

「日本とか、分かっとるわー

こんなん、いるかーっ!

と、思ったあなた…。

そうですよね。すみません。。

ここは、Zoho インボイスがもともとグローバル展開のサービスのため、大きなお世話をしている箇所です…。

(現在、日本向けのテンプレートを試作中です。)

でも、Zoho インボイスのテンプレートは自由にカスタマイズできます。

この部分は、簡単に消せます!

↓方法

この設定を行った後、もう一度見積書をPDFで出力すると、「日本」という国名は消えています。



だけど、”



%CompanyCountry%



“とか、いったいなんなのー??




と思った方もいるかと思います。

これは、「プレースホルダー」といって、Zoho インボイス内からデータを引き出す役割をしてくれます。

例えば、Zoho インボイス内で、自社の電話番号を更新した場合、次に見積/請求書を出すときに

“%CompanyPhone%”というプレースホルダーが勝手に新しいものを取ってきてくれるので、いちいち編集する必要がありません。

変な見た目ですが、いいやつなんです!

ちなみに、各プレースホルダーの一覧は

こちら

から確認できます。

また、プレースホルダーは全部覚えなくても大丈夫です。

テンプレートの編集画面で、簡単に探せます↓(例:「顧客」「名前」と選択し、「顧客名」を取り出してくれるプレースホルダーを表示)

本日は、以上です。

ぜひお試し下さい☆


Zoho インボイス サービスページへ行く

PAGE TOP