【Zoho インボイスのツボ】見積書のテンプレートをもっと日本的なものに変更しよう♪

※Zoho インボイスをより安全にご利用いただくために、HTMLによるテンプレートのカスタマイズ機能を廃止し、テンプレートギャラリーからテンプレートを選択し、レイアウトや文面をカスタマイズする方式に変更致しました(すでにカスタムテンプレートを追加している方は、引き続きHTMLによる編集を行えます)。

日本向けテンプレートにつきましては、Zoho インボイスのサービス画面内にある「テンプレートギャラリー」から利用できるよう、鋭意開発中です。

カスタムテンプレートを作成したいユーザー様にはご不便をかける結果となってしまいました。深くお詫び申し上げます。

Zoho インボイスのテンプレートについてご相談がある方は、下記URLのお問い合わせフォームより、お寄せ下さい。

URL: http://www.zoho.jp/contact/support.html

 

先週、『

「国名」などのいらない表記をZoho インボイスのテンプレートから消す方法☆

』という記事で、Zoho インボイスの見積書テンプレートを編集する方法をお伝えしました。

実際試された方は、「慣れると意外と簡単♪」なんて思ったのではないでしょうか?

あるいは、「ちょとした変更なら出来るけど、なかなか思い通りにならなくてイライラする…

と感じた方もいらっしゃるかもしれませんね。

筆者は、後者です(爆)!

ということで、不要なイライラを避けるためにも、

丸コピーするだけで簡単に日本的な見積書が作成できるテンプレートを作りました♪

このテンプレートを使うと、↓こんな感じの、いかにも日本的な見積書がZoho インボイスで作成できます。


社印も簡単に挿入できちゃいます↓

方法は簡単♪このブログ記事の最後に紹介しているリンク先から、自分が使いたいテンプレート(テキストファイル)をダウンロードし、後は下の動画手順に従ってテンプレートを保存するだけです


いかがですか?

やっぱり楽なのがいちばんですよね♪

さて、動画中に出てくる日本向け見積書テンプレートのHTMLコードは




こちら



の記事よりダウンロードできます。

テキストファイル(**.txt)をダウンロードしたら、メモ帳や秀丸など、好きなエディターでファイルを開き、

後は動画で紹介している通りに活用してください☆

*****

ちなみに、サンプル画像のように、ロゴや社印を挿入するには、ほんの少しコツがいります。

今までの記事を読んでいる人は、ピーン、来たかもしれませんね

これについては、次回詳しく説明します!

本日は、ここまで〜♪


Zoho インボイスのサービスページへ行く


※Macユーザーの方へ

Macをご利用の方で、「ダウンロードしたテンプレートが開けない」という場合は、

こちら

の方法をご参照ください。

 

PAGE TOP