【Zoho先取り情報】画像の編集機能も充実!進化するクラウド型プレゼンテーションサービス「Zoho ショー3.0」


  

先月29日、

Zoho ショー3.0について

、ゾーホージャパンよりプレスリリースを出しました。

現在、Zoho ショーは正式なリリースを間近に控え、

デモサイト

から利用できるようになっています。

皆さんはもうお試しになりましたか?

Zoho ショー3.0の素敵な所は、なんといっても豊富な画像編集機能です!

図形に「影」をつけたり、地面に「反射」させたりして、あっという間に美しいプレゼンテーションを作成できます♪

また、好きな画像を挿入して、コントラストや明るさを補正したり、色合いを変更したりもできます☆

この他、図形同士を「コネクター」でつないだり、手書きの線を描いたりもでき、



これはもう、ちょっとした画像編集ソフトくらいの華々しさがあるよねー^^♪♪



という感じです。

中でも、筆者が個人的に「ピカイチ」だと思っているのが、

図形を塗りつぶすときに選択できる、

Zoho ならではの不思議な背景模様

なんのことやら、さっぱり分からないですよね(^^;)

まぁ、コレ↓を見てください。

このなんとも言えないこの模様のセンス。

Zoho ショー3.0の「フォーマット」というボタンから、「模様の塗りつぶし」という項目へ進んで利用できます↓



こんなテイストは、なかなか出せないぞ!さすがはインドの開発チームだっ!

ということで、この不思議に惹きつけられる模様たちに、筆者はすっかり夢中です…


(※個人的な趣向です。)

ま、それはいいとしても、

どうですか?Zoho ショー3.0^^

例えば、同僚と企画書やデザインを共有する時なんか、非常にすぐれものだと思いませんか?

新しくなったZoho ショー3.0では、パフォーマンスも改善されて、


共同編集もスピーディーに

行えます。

いちいち、ファイルをメールで添付してもらって、ダウンロードして、編集したのをまたメールで送り返して、意見を交換して………(エンドレス)

みたいなやり取りをしなくても、チャットで話しながらどんどん画像を挿入して、

ちょっとした編集だったら画面上でやってしまう…、なんてことも出来るんです♪

それに、ちょっと地味

な写真でも、

簡単に「影」や「枠線」や「反射」をつけて、スッキリとスタイリッシュな見た目に変更できます!

Zoho ショーで作ったスライドは、ネット上に公開することもできるので、

好きな写真をスライドにポンポン貼りつけた、

手作りのカタログ

を、そのまま

ブログやホームページに埋め込んで公開

するのもいいですね

さらに、リモート機能を使って遠く離れた相手のPCに自分のプレゼンを写し、スライドごとに説明していくことも可能です。

いかがでしょうか?

このZoho ショー3.0。近日中に、正式リリースする予定です☆

あぁ~、筆者も早く使いたい

噂では、今後もZoho ショーはどんどん機能を追加していく予定だそうですよ。

楽しみですね

【関連URL】

PAGE TOP