Zoho Creator : レコードの編集

Zoho Creator では、データベースに登録したレコードの編集方法がいくつもあります。具体的には次のような方法があります。

  • GUI からレコードを編集する
  • Deluge スクリプトを通して、レコードを編集する
  • URL でレコードIDを渡して、レコードを編集する
  • Zoho Creator API を通して、レコードを編集する

GUI からレコードを編集する

Zoho Creator の GUI から直接レコードを編集することができます。ビュー内のレコードを選択し、編集 ボタンをクリックしてデータを編集します。一度に複数のレコードを編集することも可能です。その場合には、一括編集 ボタンをクリックします。

 

 
Deluge スクリプトを通して、レコードを編集する

Deluge スクリプトを利用して、Zoho Creator のデータベースから動的にレコードを取得し、更新することができます。レコードの取得レコードの更新 の Deluge タスクによって、指定した条件に基づいて Zoho Creator のデータベースからレコードを取得し、
指定された値でレコードを更新したり、フィールドのアクションにより動的な値によってレコードを更新したりといった柔軟なデータ操作を実現します

URL でレコードID渡して、レコードを編集する

Zoho
Creator では、データベースに追加された各レコードに、固有のIDを生成します。この ID は、編集モードのビュータブの「列のプロパティ」にて、「ID」
フィールドを選択することでビュー内に表示することができます。レコードの編集 機能には、レコードID を通じて個々のレコードを編集する方法があります。具体的には、レコード詳細とともにフォームを表示します。この方法では、ユーザはいちいちビューを表示することなく、編集したいレコードを呼び出してから編集 リクエストを送ることで、簡単にレコードを編集することができます。詳細は、レコードIDによるレコードの編集 をご参照ください。


Zoho Creator API を通して、レコードを編集する

Zoho Creator API によって、Zoho Creator アプリケーション内でレコードを編集するようにプログラムした クライアントアプリケーション を利用することができます。レコード編集には、下記のメソッドを利用することができます。
Rest API の POST メソッドを利用したレコードの更新(英語)
Rest API の GET メソッドを利用したレコードの更新(英語)

XML RPC を利用したレコードの更新(英語)
CSV RPC を利用したレコードの更新(英語)



■Zoho Creator サービスページ:http://zoho.jp/zoho-creator.html



なお、このブログは、本社(AdventNet Inc.)のZohoブログを翻訳・加筆したものです。
元の
記事(2009年4月16日投稿)はこちら(翻訳:清水)

PAGE TOP