Zoho Invoice、請求書にカスタムフィールドを追加!


Zoho Invoice に対する重要な機能リクエストの1つに、請求書上での会社のTAX ID、顧客のTAX ID、VAT IDの明記がありました。今回、私たちのサービスでこの機能を導入したことをお知らせします!


会社のTAX ID、顧客のTAX ID、VAT IDの入力箇所

  • 会社のTAX ID や VAT ID: 画面右上の「Settings」ページの「Company Profile」のカスタムフィールドにてこれらの値を設定できます。カスタムフィールドの位置は次の画像を参照してください。

 

vat-invoice-compnay.gif

  • 顧客 のTAX ID や VAT ID: 顧客レコード更新時や新規顧客追加時にこれらの値をカスタムフィールドにて設定できます。カスタムフィールドの位置は、次の画像を参照してください。

vat-invoice-customer.gif

 

カスタムフィールド、値について

  1. 「Company」と「Customer」に対して最大3つまでカスタムフィールドを記載できます。1つ目,2つ目のカスタムフィールドは、「Name」と「Address」の間に配置され、3つ目は、「Adress」の下に配置されます。
  2. ラベルと値(のペア)として挿入しないで値のみを挿入したい場合、ラベルを指定せずに挿入したい値をカスタムフィールドの「Value」へ入力してください。その値だけが表示されます。

カスタムテンプレートを利用する場合、これらのカスタムフィールドを位置を自由に決めることができます。

 

追加情報:

カスタムフィールドが、顧客すべてに共通する場合、初期設定としてカスタムフィールドのラベルを保存でき、新しい顧客を追加したときには、それが自動で表示されます。これにより、何度も情報を入力する手間が省けます。


この機能がお役に立てれば光栄です。コメントなどがあれば、お気軽にお知らせください。

ユーザ登録は、こちら から

なお、このブログは、本社(AdventNet Inc.)のZoho Blogを翻訳したものです。
元の記事(2008年5月5日投稿)は
こちら(翻訳:安田拓美)

PAGE TOP