Zoho Invoiceの顧客の与信額設定機能

今回は、Zoho InvoiceのZoho Invoiceの顧客の与信額設定機能をご紹介します。 
この機能の導入により、顧客に与信額を設定することが可能になりました。この機能は、請求書に対する支払情報を登録する際に利用できます。具体的には、支払情報を登録する際に、与信額残高から支払処理を行うかどうかを選択できます。 


■与信額設定機能が役立つケース 
下記のような場合、返金処理による対応も可能ですが、その処理のための手間とコストがかかります。こうした場合に、顧客に与信額を設定することで手間とコストをかけずに対応が可能です。 

・顧客が請求額より多く入金してしまい、後の請求書で調整してもらうように要望があった場合 

・顧客が前払いしてきた場合 

・顧客が注文後、一部の製品をキャンセルしてきた場合 

なお、Zoho Invoiceでは、現在貸方票の設定機能はサポートしておりませんが、現在開発中です。機能追加まで今しばらくお待ちください。 


■与信額の設定方法 
1) 画面上部の「顧客」タブをクリックしてください。 
2) 顧客の一覧が表示されます。与信額を設定したい顧客名をクリックしてください。 
3) 画面右上にある「Add Credit」をクリックしてください。

4) 与信額、説明を入力してください。

5) 「Save Credit」をクリックしてください。




■与信額の利用方法 
1) 画面上部の「請求書」タブをクリックしてください。 
2) 請求書の一覧が表示されます。与信額を利用して支払情報を登録したい請求書の請求書番号をクリックしてください。 
3) 画面右上にある「支払情報の追加」をクリックしてください。

4) 「Apply From Credit」にチェックを入れてください(方法は自動的に「Credit」になります)。

5) 与信残額から支払う金額を入力してください。
6) 「支払情報の保存」をクリックしてください。


これらの機能をご覧いただいても分かるように、Zoho Invoiceは請求処理をより効率的にする見積書・請求書作成ソフトです。ぜひご利用下さい! 
SaaS型請求書・見積書作成ソフト|Zoho Invoice 

なお、このブログは、本社(AdventNet Inc.)のZohoブログを翻訳・加筆したものです。 
元の記事(2009年4月1日投稿)はこちら(翻訳:松本暁義) 
Customer credits in Zoho Invoice 

PAGE TOP