Zoho Recruit:応募者フォームのカスタマイズ

アプリケーションのカスタマイズは
基本中の基本となりつつある今日この頃、
皆さまいかがお過ごしでしょうか。
Zoho Recruitではその重要性を認識し、
最適なカスタマイズ機能を提供したいと思っております。

カスタマイズ機能を用いてアプリケーションがフレキシブルになれば、
皆さまのニーズに合わせてご利用頂きやすくなりますよね。
ということで、Zoho Recruitの機能強化をいたしました!

今回の新機能は下記の2つです。

  • Webサイトへの埋め込み用応募者フォームのカスタマイズ機能
  • レコードの追加やインポートに失敗した理由のメール通知機能

Webサイトへの埋め込み用応募者フォームのカスタマイズ機能

「応募者に記入してほしくない項目がたくさんある。
面接のコメントや適不適、応募者の評価などは、そもそも応募者に見せたくない。」

このような意見をユーザから多く頂きます。
そこで、皆さまからのご要望にお応えして
Webサイトへ埋め込み用フォームの
カスタマイズ機能をご用意いたしました!

応募者用フォームに表示する項目を選ぶことで、
社内用の項目を応募者に見せないことが可能になりました。

機能詳細は「応募用フォームをカスタマイズしてWebサイトに埋め込む(英語)」をご確認ください。

改良版メール通知機能

次は、2つ目の新機能:メール通知をご紹介します。
レコード追加の失敗理由についてメールで通知する機能を追加しました。
インポート終了後、無視・スキップされた添付やレコードに関する通知が届きます。
これにより追加エラー時の理由を容易に解析できるようになりました。

新機能、気に入ってもらえるといいなあと思います。
もっともっとニーズに合った機能強化ができるよう、
Zoho Recruitへのご意見・ご要望、いつでも絶賛募集中です!
皆さまのコメントをお待ちしております。

なお、このブログは、米国本社(ZOHO Corp.)のZohoブログを翻訳・加筆したものです。
元の
記事(2010年1月6日投稿)はこちら翻訳:ゾーホージャパン, 一丸)

PAGE TOP