Zoho Writer メジャーアップデート完了!Writer 2.0へ

2009年3月6日、Zoho Writerは、アイコン画像や配置などを大幅に改善し、さらにユーザに使いやすい文書作成サービスとなりました!今回のアップデートでは、数百にもおよぶ改善点があります。簡単にご紹介いたします。

今回の大幅アップデートの主な目的は、次の3点です。

  1. Writerをご利用の方々の生産性を向上させたい
  2. ほかのZohoをご利用する場合に同じ画面構成で提供したい
  3. 文書管理を容易にしたい


画面を大幅に変更しましたが、主要な配置は、左パネルに文書一覧、画面中心にエディタ、画面上部にメニュータブと変更はありません。複数のドキュメントをタブとして複数開くことができます。これらもアイコン画像、配置、機能は改善されています。



ご参考: ご利用いただいているブラウザによっては、古いバージョンによって開く可能性があります。アップデート後、Writerをはじめて開く場合には、「Shift + F5」でリフレッシュしてからご利用いただくことをお勧めします。


新しい「メニュー」タブについて

以前のバージョンでは、Zoho Writerの主なメニューは、3列のリンクとボタンから構成されていました。Writerをはじめてリリースしてから3年経ち、多くの機能が追加されたために、以前のままでは利用したいボタンが見つけにくいとの声を反映した結果です。


回のアップデートで、メニューオプション群は、「メニュータブ」と呼ぶにふさわしい仕様に改善されました。機能に基づき、6つのタブに分類してありますの
で、行いたい操作のタブをクリックすることで、詳細な機能を表示することができます。このタブ仕様は、多くのウェブアプリケーションでも取り入れられてお
り、Zoho Writerを使い始めたばかりでも直感的に操作を行えるはずです。





メニュータブでは、リンクや小さなアイコンボタンだけに比べ、各ボタンで何ができるか詳しく記載することができます。以前のバージョンでは、当社のヘルプなどでボタンを確認しなくてはならなかったことを考えると使いやすさの大幅な改善であると言えます。

また、「保存」、「元に戻る」、「やり直し」、「コピー」、「ペースト」、「カット」などのような共通の機能はメニュータブの左はしにあり、これらの機能をどのタブを開いていても利用できます。


新しいサイドパネルについて


イドパネルについても大幅な改善を行いました。このサイドパネルの構成は、Zoho Sheetでも採用されています
新しいサイドパネルでは、同じタブにある複数の文書を同時に削除、共有などができます。文書名左にあるチェックボックスを有効にして、文書名右にあるアイ
コンをクリックすると、同時に行えます。

ヘッダー・フッター機能、ページビュー機能、共有機能についてもいくつか改善されています。画面下部のバージョン管理、文書作成情報、文字数カウント機能なども強化されました。

オフラインでのご利用場合もこの新しい画面によりご利用いただけます。

新機能についてのプレゼンテーションをご紹介いたします。(英語)





の変更は、ZohoWriterを使用するほかのZoho、Zoho NotebookやZoho
Business、パートナ様のアプリケーションでもアップデートされます。Zoho APIによりZoho
Writerをインテグレートしている方も、ユーザ自身で変更の必要なくそのまま新しいバージョンをご利用いただけます。

Zoho Writerで作成したすべての文書は、Zoho Docのようにフォルダ単位での管理も可能です。フォルダで管理するには、画面右下にある「タグ」ボタンで文書にタグ付けすることで、
フォルダでの管理を行えます。左パネルの「タグフォルダ」から該当文書を見つけることができます。

Zoho Writerは、今後も上記3点の目標を達成するために、サービスの改善に努めてまいりますので、ご意見・ご要望がありましたら、お気軽にお知らせください。


なお、このブログは、本社(AdventNet Inc.)のZohoブログを翻訳・加筆したものです。
元の
記事(2009年3月5日投稿)
こちら (翻訳:安田)

PAGE TOP