入金確認の通知メール送信を自動化しよう

money前回までの記事では、営業対応の中でメールの送信を自動化する方法をご紹介しました。今回の記事では、受注後の入金確認のメール送信を自動化する方法をご紹介します。

■この記事を読むとわかること

  • 入金確認の通知メール送信を自動化し、手間と時間を節約する方法

■この記事の読了時間(目安)

  • 4分

■入金確認の通知を部署間で自動連絡!
営業活動が実り、晴れて受注した後、大事になってくるのが入金の確認です。Zoho CRMでは、入金確認用の項目を追加して、入金状況を管理することもできます。

今回は、そうした管理情報と組み合わせて通知メールを自動化する方法をご紹介します。利用するのは、Zoho CRMの自動化(ワークフロー)機能です。

具体的には、まず商談に「入金状況」といった項目を追加し、その項目が「入金確認済み」になったら、営業担当者に通知するように設定します。

ワークフローの条件

ワークフローの通知の送信

また、上記と同様の手順で、お客様宛に入金を確認した旨を伝えるメールを送信することもできます。メールの差出人は営業担当者にすることもできます。

この機能を活用すれば、入金状況を営業担当者がタイムリーに把握でき、また、お客様宛のお礼メールの送信も自動化できます。ぜひご活用ください!

※ワークフローによる自動化機能は有料プランの機能です。

■設定手順

■参考情報

PAGE TOP