営業の状況伺いのメール送信を自動化しよう

1410168787_MB__mail_sent前回の記事では、名刺交換後のお礼メールを自動で送信する方法をご紹介しました。今回の記事では、その方法を応用して、状況伺いのメールの送信を自動化する方法をご紹介します。

■この記事を読むとわかること

  • 営業の状況伺いのメール送信を自動化して手間と時間を減らす方法

■この記事の読了時間(目安)

  • 4分

■状況伺いのメール、タイムリーに送れていますか?
営業活動の中で、お客様の側で検討がすぐに進まないことはありませんか。例えば…

  • 予算の関係で来期の検討になった
  • 決裁者が不在ですぐに検討が進められない
  • 関係部署との調整に時間がかかっている

このような時に、少し時間をおいて検討が進みそうなタイミングで改めて状況伺いをすると、話が進んだりします。ただ、それを忘れてしまうといつのまにか導入の検討が終わっていたり、競合他社に決まっていたりということも起きてしまいかねません…

■メール送信を自動化してらくらく通知
そこで役に立つのがZoho CRMの自動化(ワークフロー)機能です。この機能では、見込み客や連絡先のデータに入っている日付の項目を基準にメールを自動で送信することが可能です。

例えば、「次回フォロー日」といった項目を作成し、その日付を入れておくと、自動でその日付に状況伺いのメールを自動で送信するように設定することが可能です。

以下の例では、「次回フォロー日」に設定した日付の11時にメールを一度送信するように設定しています。

crm-workflow

この時に通知するメールの内容の設定も画面上から簡単にできます。

crm-mail-temlate

上記の例の他にも条件を設定してメール送信を自動化することが可能です。例えば、お客様の誕生日や、契約更新のタイミング等に自動でメールを送信できます。

ぜひご活用ください!

※ワークフローによる自動化機能は有料プランの機能です。

■設定手順

■参考情報


顧客を育て、離さない。
営業活動の強化と効率化をZohoで。

< Zoho CRMに関するお問い合せ >

▼ Webからのお問合せはこちら
( http://www.zoho.jp/crm/inquiry/
お見積り・ご購入前のお問合せにつきましてはお電話でも受け付けています。
( 受付時間 平日9:00〜18:00)  Tel: 045-319-4614
▼ サポートに関するご案内はこちら
(http://www.zoho.jp/crm/support/
▼ 最新セミナー情報はこちら
(http://www.zoho.jp/crm/seminar/

【HP】 http://www.zoho.jp/crm/
【facebook】https://www.facebook.com/ZohoJapan

PAGE TOP