営業訪問前の確認メールの送信を自動化しよう

1411640182_Time_report前回の記事では、営業の状況伺いのメールの送信を自動化する方法をご紹介しました。今回の記事では、その方法と同じような手順で営業訪問前の確認メールの送信を自動化する方法をご紹介します。

■この記事を読むとわかること

  • 営業訪問前の確認メールの送信を自動化して手間と時間を減らし、かつ、打ち合わせのドタキャンを事前に防ぐ方法

■この記事の読了時間(目安)

  • 4分

■営業訪問前の確認メール、送っていますか?
営業活動の中でアポがとれてお客様のところに伺う際、事前に訪問前の確認メールを送っていますか?お客様にとっては思い出すきっかけとなりますので、資料や心の準備をするのに役立ちます。

また、訪問する営業マンにとっては、お客様がうっかり打ち合わせのことを忘れていて当日不在だった…なんてことも防ぐのに役立ち、両方にメリットがあります。

ただ、毎回事前に確認のメールを送るのは手間ですし忘れてしまいがちになりますよね…

■メール送信を自動化してらくらく通知
そこで役に立つのがZoho CRMの自動化(ワークフロー)機能です。この機能を活用すれば、このようなメール送信を自動化できます。

例えば、予定を登録した際に、その予定の1日前に、訪問先の相手の方のメールアドレス宛に確認のメールを送ることが可能です。 ワークフロー-前日に送信

メールの宛先は、訪問先のメールアドレスだけでなく、自分や上司等も選択できます。 ワークフロー-訪問前の確認

また、メールの内容の設定も画面上から簡単にできます。テンプレートを1つ用意しておけばそれを使い回すことも可能です。ワークフローのメールテンプレート

上記の例の他にも条件を設定してメール送信を自動化することが可能です。ぜひご活用ください!

※ワークフローによる自動化機能は有料プランの機能です。

■設定手順

■参考情報

 

Zoho CRM でメール業務を効率化する無料トレーニング(※ユーザー向け)

Zoho CRMには、メールの送受信だけでなく、メールテンプレートや自動送信など、メール業務を効率化するための様々な機能が搭載されています。メール業務の自動化・効率化・改善のヒントを知りたい方はぜひご参加ください。

>>> ZOHOLICSゼミ 「メール業務の効率化」

 

PAGE TOP