Zoho クリエーターの新UIへの移行に関するお知らせ

Zoho クリエーターをご利用中の皆様へのお知らせです。

3カ月前に、Zoho クリエーターの新UIの導入をお知らせし、
新UIに任意に切り替えられるようにしていましたが、
2012年10月15日を持ちまして、新UIに完全に移行いたします。

これまでにほとんどのユーザーの方が既に新UIに移行されていますが、
もしまだ古いUIをお使いの場合、以下の点にご注意ください。

2012年10月15日以降は、旧UIにはアクセスできなくなります。
もしすぐに新UIに切り替えたい場合、
サインイン後に表示されるメッセージから「新しいUIを試す」をクリックしてください。

新UIで新しく利用できるようになった機能は次のとおりです。

ヘッダーの固定表示
下の方のデータを表示していてもメニューを利用しやすくなりました。

カスタムフィルター
任意の条件を設定したフィルターを適用できるようになりました。

複数のフィルターの適用
複数のフィルターを同時に適用できるようになりました。

列の表示/非表示の切り替え
ビューの表示中に表示する列を簡単に選択できるようになりました。

データの複数選択時のショートカット
「Ctrl」(Macの場合「Cmd」)キーを押しながらクリックすると、任意の複数のデータを選択できるようになりました。また、「Shift」キーを利用すると、最初に選択したデータから次に選択したデータの間のデータを一括で選択できるようになりました。

右クリック
データの上で右クリックすると、編集や削除などのメニューを利用できるようになりました。

データの操作メニューの簡素化
追加以外のメニューはデータの選択時のみに表示されるようになり、画面がスッキリしました。データごとのメニューも同様です。

ビューのオプションのメニューの簡素化
ビューの種類の変更、インポート、エクスポートなどのオプションのメニューをまとめて利用できるようにしました。

ページごとのデータ件数の選択メニューの追加
ページごとに何件データを表示するか選択できるメニューをビューの上部に追加しました。

カスタムアクションのメニューの追加
カスタムアクション用のメニューボタンを追加しました。

検索・フィルターの条件の保存
検索やフィルター適用後、その条件が保存されるようになりました。次にビューを表示した際にもその条件が適用された状態で表示されます。

共有ユーザーによるビューの保存
共有されたユーザーがフィルター適用後のビューを新しいビューとして保存できるようになりました。

印刷メニューの追加
一覧とサマリーの2つの方法で印刷できるようになりました。

全データ件数の表示
ビューの上部のリンクをクリックすると、表示されていないデータも含めてビューの全データの件数を表示するようになりました。

新UIのさらに詳細な機能に関してはこちらをご覧ください(英語)。
https://www.zoho.com/creator/views3/view.html

なお、もし新UIか旧UIかが不明な場合は、Zoho クリエーターで作成したいずれかのアプリケーションの画面上部にバナーが表示されているかどうかを確認してください。バナーが表示されている場合は旧UI、表示されていなければ新UIです。

さらに便利になったUIで、便利にZoho クリエーターをご活用ください! 🙂

PAGE TOP