身体から学ぶ組織のコミュニケーション

身体から学ぶ組織のコミュニケーション

 

自然は最も優れた技術者であり、私たちの身体はその技術の結晶です。
この素晴らしい技術を模倣することで、私たちは素晴らしい仕事を成し遂げられます。

 

身体の仕組みと組織は非常によく似ています。
細胞が身体を構成する基本単位であるように、人間は企業の基本単位です。
細胞同士がしっかりとコミュニケーションをとることで、身体は機能し、健康に保たれます。
同様に、組織内の人間同士の効果的なコミュニケーションは、組織の利益につながります。
身体には、身体をコントロールする中枢神経系が存在し、全ての器官によって調整されています。
企業がこのような効率的なコミュニケーションツールを採用すると、開放的で効率的な企業文化が作られていくでしょう。

 

しかし、それは簡単ではありません。
コミュニケーションには、認識や言語の違い、情報の過多、時間の圧迫や地理の隔たり、感情や役職の違いといった障壁があります。

 

障壁をなくすためには

これらの障壁は、より効率的なツールを使用することで、取り除くことができます。
情報や知識、アイデアの交流は、コスト削減の目的で電子メールといった一つの方法に限定されるべきではないです。
コミュニケーションはどこでも、誰とでもできるべきです。
効率的かつ効果的なコミュニケーションを可能にする新しいテクノロジーを取り入れることは、組織にとって重要です。

 

新たなツールと比較して効果的でないと判明した旧来のコミュニケーション方法は、絶えず新しいツールに置き換えらえてきました。
電子メールからチャット、イントラネット、ソーシャルネットワークに至るまで、コミュニケーションツールは進化してきました。
電子メールには返信までのタイムラグがあり、チャットには私的な傾向があり、イントラネットには上下関係のハードルがあります。
そのため、よりオープンで安定したツールが生み出されました。

 

Zoho Connectのような新たなコミュニケーションツールは、従業員に、さらに可視化された環境、アイデアを提示したりコラボレーション、コミュニケーションしたりする場所、表現する自由を与えました。
ますます多くの企業がこの社会の進化に適応することを心待ちにしています。
これは最終的には生産性向上のための鍵である従業員の満足につながります。

 

 

※本投稿は本社のブログ記事を翻訳・加筆したものです。

PAGE TOP