職場の生産性を上げる為には?

職場の生産性を上げる為には?

人間本来の性質

進化論では、適者生存が注目されてきました。
私たちは利己的な方向へ進化してきたということでしょうか?
競争と冷酷さが私たちを進化させてきたのでしょうか?
私たち自身の社会の構造を見てみましょう。
コミュニティはどのように進化してきましたか?

 

答えは私たちの中にあります。
私たちの性質は、決して利己的なわけではありませんでした。
優しさと利他主義は、私たちの社会において、重要な役割を果たしてきた進化の特質でした。
私たちは空間、資源といったものだけでなく、気持ちや感情も共有するように進化しました。
表現し、記憶に残し、影響を与えることで、「社会」に属するという人間本来の性質を充足させます。
私たちは認識され、感謝され、話され、賞賛されたいと考えます。
そのため私たちは、自身の社会的欲求を満たすため、コミュニティに関わろうとします。

 

 

職場の生産性を上げる方法

職場は社会と同じです。
職場でも感情は変わりません。
それは、知識、情報、またはアイデアといった形であらわれ、私たちは共有しようとします。
そうすることで、職場を形成していきます。
効率的な共有文化を持つ職場は、今日では唯一の持続可能な競争力であるイノベーションの揺りかごです。
また、効率の良い学習を促し、より良い文化を醸成します。

 

長い間、他者の意見は自己を成長させてくれるといわれてきました。
この考え方は、職場でも同じように機能します。
たった3文字の簡単な言葉でいいのです。
「いいね」という言葉は、一人の人が他人に与えられる最も重要な行動の1つで、受諾や称賛を表現する最も簡単な方法です。
この行動は従業員の満足度を高め、生産性を向上させます。

 

管理者は、従業員の組織内における色々な開発状況の進捗を確認できます。
組織内のノルマ、価値観、態度、信念に関する経営者と従業員の共通認識は、更なる共有を促進し、コミュニケーションが生まれ、イノベーションを生み、更なる成長を導きます。

 

このような環境を構築するためには、どの組織でも情報の共有、管理、保存が重要です。
そのため、Zoho Connectには、すぐに情報をやり取りできる共有機能があり、それにより協力的な職場文化を構築できます。

 

「いいね」を押したり共有したりすることは、 コラボレーションを育み、組織内に良い影響を与え、それによって生産性を向上させます。

 

 

※本投稿は本社のブログ記事を翻訳・加筆したものです。

PAGE TOP