営業フォローに役立つZoho CRM操作集 – タスクでやることを忘れないように!

1409316722_clipboard

今回は、営業対応の中でやるべきこと(タスク、ToDo)を忘れずに対応していくのに役立つ機能をご紹介します。

■この記事を読むとわかること

  • タスク機能を活用してやるべきことを忘れないようにする方法

■この記事の読了時間(目安)

  • 3分

■営業対応でやらなければならないこと、今すべて把握してますか?
営業対応を進めていくと、いろんなお客さんに対していろんな種類のやることが発生してきます。例えば…

  • A社に見積もり送んなきゃ…
  • B社にそろそろ状況伺いしてみようかな…
  • そうそう、C社のDさんとのアポの調整をしたいよな…
  • そういえば、E社の入金について確認しないと…
  • 明日の訪問の準備もしないとだな…

これらをすべて頭の中だけで把握していくと抜け漏れが発生してしまいがちです。また、優先度や期限が異なっていたりするので、何からやるべきか整理するだけでも一苦労です。

■タスク機能を活用してスマートにやるべきことを処理
そこで、今回ご紹介するZoho CRMのタスク機能を使うと、営業活動においてやるべきことをしっかりと管理できます。

この機能の使い方はシンプルです。やるべきことを「タスク」として登録するだけです。とは言え、登録するのはなかなか手間に感じるかもしれません。ただ、そこをしっかりやっておけばこんなメリットがあります。

1. 自分のやるべきことを一覧で確認できる。

ホーム画面でタスクの一覧を確認

ホーム画面でタスクの一覧を確認

2. モバイルでもPCでもZoho CRMにアクセスできればどこからでも確認できる。

モバイルからタスクを確認

モバイルからタスクを確認

3. 忘れないように通知を送信できる(リマインダー機能)。
リマインダー

4. 顧客情報とやることを一目で確認できる。
また、これがZoho CRMを活用するメリットでもありますが、顧客情報とやるべきこと/やったことの情報がすべて関連づいていますので、どの顧客に対してどのようなことをやる必要があるか、今までにやっているのかが一目で確認できます。

顧客情報ページのタスク一覧

これらを活用して、やるべきことをしっかりと抜け漏れなくこなしていけば、きっと成果につながります!ぜひご活用ください!

■具体的な設定手順

■参考情報

PAGE TOP