Zoho CRMがTwitterと連携!

誰でも無料で使えるクラウド型顧客管理サービス「Zoho CRM」が、Twitterとも連携しました!

FacebookやLinkedInとの連携に続き、3つめのソーシャル連携です(^^)Twitter利用者のシェアが多い日本では、「Twitter連携まだかなぁ~」と思っていた方もいらっしゃるのではないでしょうか?お待たせしました!

今回の連携機能を使うと、Zoho CRMの顧客画面から、相手のツイートを閲覧したり、「リツイート」「@返信」などのTwitter特有の機能を利用したりできます☆

では、さっそく具体的な機能を見ていきましょう!

■機能詳細 

Twitter連携は、Zoho CRMの「見込み客/連絡先」タブで利用できます。試しに連絡先タブへ行ってみると…何やら、Twitterのアイコンらしきものが追加されています!

Twitterアイコンをクリックすると、検索ボックスがでてきますね。ここから、顧客と関連付けしたいTwitterアカウントを探す…というわけです(^^)。

アカウントは、氏名だけでなく、@jpzohoなどのハンドル名でも検索できます↓。

お目当てのアカウントを見つけたら、あとは「関連付ける」というボタン(上画像)をクリックするだけ。これで、顧客データとTwitterアカウントの関連付けが完了しました。

↑ツイートの内容がバッチリ見られますね(^^)b

顧客のツイートやプロフィールを閲覧できる他に、下記の操作も行えます。

・リツイート
・返信
・@返信
・お気に入り登録
・フォロー/フォローの解除

Twitterの基本機能が揃っています!
これで、顧客の近況をZoho CRMの画面から調べ、アクションを起こせますね(^^)

ちなみに、Twitterのアイコンをダブルクリックすると、アイコンに使用されている画像をそのままZoho CRMの顧客画像としてアップロードできます☆普段から顧客のTwitterアイコンを見慣れている人にオススメです。

■今すぐ、使えます!

さて、本日ご紹介したTwitter連携機能。無料プランも含め、全てのプランで今すぐ利用できます!

使い方も、先程ご説明した通り。簡単なので、Zoho CRMのアカウントを持っている人は、ぜひお試しください。もちろん、「今ユーザー登録して、使ってみる」 というのでも、OKです(^^)/

ちなみに、Twitter連携は、各ユーザーが自分のアカウントごとに設定できる機能です。機能の表示/非表示は、「権限設定」より切り替えできます(管理者のみ、切り替え可)。

デフォルトの権限では、Twitter連携を使えるようになっていますが、もし、「あれ、自分のZoho CRM画面にはTwitterボタンが出ていないよ」と言う方がいらっしゃれば、Zoho CRMの管理者に問い合わせてみてください!

管理者の方は、「設定」>「権限設定」より、「ソーシャル連携」にチェックを入れて、Twitter連携を有効化できます。


■関連リンク

Zoho CRMサービスサイト
Zoho CRMユーザー登録ページ
プレスリリース記事

PAGE TOP