Zoho Creator : Deluge スクリプトで「関数」をサポート

Zoho Creator の最新の更新では、Deluge 言語に「関数」をサポートして、機能充実を図りました。

さて、スクリプト用語での「関数」とは何でしょうか。
簡単に言うと、「関数とは、複数の命令文をグループ化して名前をつけた一組であり、スクリプト内のどこからでも呼び出したり、再利用したりできます。」

関数の使用法は、次の3つに分類されます。

1) 作成したユーティリティの再利用

2) (同一ユーザによって作成された)アプリケーション間のブリッジ機能

3) ビューへのカスタムアクションの組み込み

これらの関数の使用法を、簡単にご紹介いたします。

1)作成したユーティリティの再利用 :

「関数」によって、アプリケーション内や(同一ユーザの)アプリケーション間での、Delugeスクリプトでのコードの再利用性が高まります。
また、コードがモジュール化し、理解しやすくなります。

あるスクリプトの機能をアプリケーションの別の部分で繰り返したいときに、個々の関数として定義しておくことで再利用が可能です。
Delugeにて提供されている組み込み関数のヘルプを利用すれば、この「関数」サポートによって、非常にたくさんのユーティリティ関数を自身で作成する事ができます。

<例>

  bool isLeapYear(int year)

  {

    leapyear = false;

    if ((input.year % 4) == 0)

    {

      leapyear = true;

      if(((input.year % 100) == 0) && ((input.year % 100) != 0))

      {

        leapyear = false;

      }

    }

    return leapyear;

  }

新規関数の作成に関するヘルプはこちら

さらなるサンプルコードはこちら


2)(同一ユーザによって作成された)アプリケーション間のブリッジ機能 :

一般的なユーティリティを関数として定義するだけでなく、関数内からアプリケーションのデータを操作することも可能です。
今までは、ひとつのアプリケーション内のデータを、別のアプリケーション内のスクリプトから操作することはできませんでしたが、これが関数サポートによって可能になりました。
このような視点においては、アプリケーションをデータをもつオブジェクトとしてみなすことができます。
すなわち、オブジェクト指向の世界におけるメンバ関数に相当する、データに対する操作をするための関数として定義することができます。
アプリケーションは関数を利用することで、お互いにコミュニケーションをとることができます。

3)ビューへのカスタムアクションの組み込み :

「関数」には、さまざまなGUIアクションへの統合の可能性があります。これにより、Zoho Creator におけるスクリプトの組み込み機能が次のレベルへ進みました。
「関数」によって、作成されたアプリケーションはさらに一層強力で活き活きとします。
まず第一歩として、「カスタムアクション」のという名前でビューに組み込まれます。
ビューにて、ユーザは選択したレコードに対して、固有の関数を起動させることが可能になります。

<アクセスモードのビューにおけるカスタムアクション>

ビューでのカスタムアクションに関するヘルプはこちら

なお、このブログは、本社(AdventNet Inc.)のZohoブログを翻訳したものです。
元の記事(2008年2月19日投稿)は
こちら(翻訳:清水)

PAGE TOP