これぞZoho CRM〜CRMは成果を出してなんぼです〜セミナー開催レポート(5月27日開催)

2016年5月27日に、Zoho CRM〜CRMは成果を出してなんぼです〜 セミナーを開催いたしました。
CRM導入のエキスパートであるカイト合同会社 藤川氏に登壇いただき、CRM導入前のポイントや、
どうすれば成果につながるのか、など鋭い切り口で紹介いただき、会場が熱気につつまれました。

CRMは、導入するだけで成果が上がる、使いこなせるサービスではありません。
導入前や運用時のポイントを整理し、社内で正しく運用することで初めて成果につながるサービスなのです。

セミナーでは、Zoho CRMの概要から導入・運用ノウハウなど、CRMの導入から本格的な活用法までを2時間に凝縮してご紹介しました。

講演内容から特別に一部抜粋してご紹介します。

 

これぞZoho CRM〜CRMは成果を出してなんぼです〜IMG_7227

「営業のしごとをどう、変えるのか?」

というテーマで、熱く講演いただきました。講演内容を特別に一部抜粋してご紹介します。
Zoho CRMのポイントは、顧客対応に関する業務を統合でき、お客様と良好な関係を中長期に渡って築いて売上を向上させる仕組みができる点。
しかし、結局「データベースができた」というのは結果ではなく手段でしかない。
営業のしごとのしかたを変える、と考えた時に、どこに比重を置くのか考える必要がある。

顧客情報の一元管理は簡単だけど、効果が出る一元管理が難しい。
目標達成のためのプラットフォームとして考える必要があり、エクセルを使っていてその項目、使い方通りにCRM設計に反映させるのは間違い。
無駄な項目を増やさずどこまで削り込むかがポイントで、効果が分かってやるべきことが明確なものだけデータを入れることが重要。

いろんな探し物の時間や、忘れ物の時間など、目標達成を阻害する作業をいかに排除して無駄な作業を削って
売上を上げる活動をする必要がある。

 

確実に射止めるトガりのあるZoho流マーケティングオートメーション
IMG_7175

見込み客を効率よく“筋の良い“商談に導く仕組みであるマーケティングオートメーション。
上手に活用できれば、CRMをより効果的に活用することができます。
Zohoで実現するマーケティングオートメーションをどのように使いこなすか、 実戦的かつ地に足がついた活用手法として、

  • マーケティングオートメーションで効果が出やすいポイント
  • お金・時間・スキルがなくとも効果を出すにはどうすればいいか
  • 仕組みを使う上で大事なポイントとは?
  • どんなマーケティングプランを立てたらいいか?
  • 仕組みを使う上で必要な3大要素

など、こちらも盛りだくさんでご紹介いただきました。

いかがでしょうか。
セミナーは定期的に開催しているのでぜひお越しください!会場でお会いできるのを楽しみにしています。

<<今後開催のセミナー情報をチェックする>>

PAGE TOP