Zoho シリーズ の全部盛り、Zoho One の提供を開始しました!

オールインワンパッケージ「Zoho One」の提供を開始

営業・マーケティング・顧客サポート・Office文書・コミュニケーション・会計・人事・データ分析など、企業運営の基盤となる The Operating System for Business (ビジネス のOS)を1ユーザー1日1ドルで提供

ゾーホージャパン株式会社(代表取締役:迫 洋一郎、本社:神奈川県横浜市 以下、 ゾーホージャパン)は、これまで個々の業務アプリケーションとして提供していたクラウドサービス 「Zoho」シリーズを、1つの統合環境にまとめたSuiteとして提供する「Zoho One」を2017年7月26日(水)に発表します。なお、「Zoho One」は30日間の無償トライアルが可能です。

<Zoho One について>

「Zoho One」 は、あらゆる企業・組織の運営や業務を支援するクラウドサービスをオールインワンで提供するSuiteサービスです。35以上のウェブアプリとモバイルアプリを利用することができ、これらを集中管理するための、管理コンソールを提供致します。「Zoho One」は、まさに企業運営の基盤となる  「The Operating System for Business(ビジネスのOS)」と呼べるサービスです。さらに、1ユーザーあたり1日1ドルという低価格で利用することが可能です。

 

(Zoho One トップページ(左)とZoho One 管理画面(右))

 

「ソフトウェア業界では、数年ごとに、業界自体を変えてしまうような発表があります。「Zoho One」は次の革命になりうると考えています。ユーザーが必要とする広範囲の業務アプリケーションをワンストップで提供し、膨大な料金を投じることなく、利用できるのだから」と、Zoho Corporation チーフ・エバンジェリストのRaju Vegesna(ラジュ・ベジェスナ)は述べています。

 

さらに、「それは、高額なアプリケーションを複数購入し、それぞれを継ぎ接ぎでシステム連携してきたこれまでのエンタープライズ向けのビジネスモデルを覆し、本当に利用できる統合システムを、ユーザーが手の届く範囲で提供するという意味において、市場のゲームを変える可能性を秘めています」と述べています。

<革命的なオールインワンのビジネスSuite>

「Zoho One」 を利用すれば、事業主はCRMやSFA、顧客サポートを支援するクラウドサービスや、経理・会計、人事・採用などの組織運営を支援するサービス、Officeスイートやメール、チャット、コラボレーション、社内SNSなど、ユーザーの生産性向上を支援するサービス、さらには独自のアプリケーション開発や、データ分析の為のサービスを利用できます。もちろん1つのZohoアカウントですべてのサービスにシングルサインオンでアクセスできます。

<インテグレーション>

「Zoho One」は、個々のZohoサービス間において、数百箇所にわたるデータ連携、システム連携をしています。これにより、営業、マーケティング、カスタマーサポート、経理、人事アプリなど、様々な業務主体をシステムで繋ぎ合わせるのと同時に、お客様やベンダーとのコミュニケーションやコラボレーションも可能にします。

 

これまでZohoは、 Contextual integrations (3rd Partyサービスとの連携)を進めてきましたが、「Zoho One」 も業界をリードする数百の様々な3rd Party サービスとの連携が可能です。これによりユーザーの効率を柔軟に引き上げることが可能です。

 

従来の統合されたアプリケーションSuiteは、数百万ドルのIT予算を持つ大企業が、大人数のITコンサルタントと複数のベンダーによるいわゆる「タコツボ化」したチームを構成し、膨大な期間をかけて開発してきました。これに対し、「Zoho One」 は、同じ技術基盤で作られたアプリケーションSuiteであるため、複雑さや高額なコストを必要とせず、あらゆる規模の企業に提供することができます。

<Zoho Oneの管理機能>

「Zoho One」では、すべてのサービスに、セキュアに保護されたZohoアカウントによるシングルサインオンでアクセスできます。また、管理者は管理コンソールより、ユーザーの監視、グループの作成、アプリケーションの有効化/無効化などを設定できます。ユーザーがより安全にアクセスするために、2要素認証をさせるなど、セキュリティポリシーを個々に設定することも可能です。さらに、「Zoho One」 の管理者は、個々のZohoサービス毎に管理者を設定し、個々の部門ごとに運用管理を委任することもできます。

<料金モデル>

「Zoho One」 の価格モデルは、これまでのソフトウェア業界の常識を覆します。
アップグレード費用やアドオン費用、複数年契約、使用量・従量課金などはありません。

ユーザーにシンプルかつ透明性の高い価格モデルを提供します。

<価格と利用方法>

「Zoho One」 1ユーザー、1ヶ月の利用料金は、US$30となり、「Zoho One」を利用する企業は、組織内の全従業員数分のライセンスを購入する必要があります。「Zoho One」は、ただちに世界中で複数の言語で利用でき、ユーザーはzoho.com/oneで30日間の試用版の「Zoho One」にサインアップできます。

<Zoho One Webサイト>

Zoho One Website: https://www.zoho.com/jp/one/

 


ゾーホージャパン株式会社について URL: http://www.zoho.co.jp

ゾーホージャパン株式会社は、ワールドワイドで事業を展開するZoho Corporation Pvt Ltdが開発/製造したネットワーク管理開発ツールや企業向けIT運用管理ツール、企業向けクラウドサービスを日本市場に提供すると同時に関連するサポート、コンサルティングなども提供しています。ネットワーク管理開発ツール「WebNMS」は、シスコシステムズ、エリクソン、アルカテル・ルーセント、モトローラなど世界2万5千社の有力企業で採用され、ネットワーク管理のOEM市場でデファクト・スタンダードとして認知されています。また、WebNMSのノウハウや経験を生かして開発された企業向けIT運用管理ツール群「ManageEngine」は、世界10万社を超える顧客実績を誇り、国内でも販売本数を伸ばしています。その他、業務改善/生産性向上を支援する企業向けクラウドサービス群「Zoho」は、世界で2,500万人を超えるユーザーに利用されています。


:)ITクラフトマンシップ(^^)/ 」 について:

ソフトウェアは単なる工業製品ではなく、「クラフト」です。 ゾーホージャパンは、インドで創り上げた「クラフト」をおもてなしのこころで洗練します。この限りない洗練を楽しみ、信念、情熱をもってIT の世界で追求していくこと。 それが「IT クラフトマンシップ」です。 常識にとらわれず、多様な人財がもつスパイス(個性)をかけ合わせることで、ITクラフトマンシップを発揮できる組織をつくります。そして、笑顔あふれる社会 の創出に貢献します。

ゾーホージャパンは、お客様がクラフトを使いこなせるようにITクラフトマンシップで実現します。 人と人とのつながりを大切にし、安心して使いこなしていただけるよう、お客様の成長を支援します。

・ゾーホージャパン「ZOHO Style」サイト:

「シングルマザーが前例のない子連れ海外出張へ。大切なのは、常識よりも社員の意志」

http://zj15.zohosites.com/zoho-style2.html

文書管理番号:ZJMR170725201


<お問い合わせ先 >

本ニュースリリースに関するお問い合わせ:

Zoho PR センター(アクティオ内)

TEL:03-5771-6426

E-mail: zoho-pr@actioinc.jp

Zoho サービスに関するお問い合わせ:

ゾーホージャパン株式会社 Zoho事業部

担当:中沢

TEL:045-319-4614

E-mail: sales@zoho.jp

 

 

PAGE TOP